ブログ

『破天荒フェニックス』読了。そのスピード感と決断力に脱帽

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

今回は、『破天荒フェニックス』を読み終えての感想と気づきです。

 

オンデーズと言うメガネショップをご存知ですか?

この物語は債務超過に陥ったオンデーズを買収するところから始まります。

問題だらけの会社を筆者であり社長の田中修治さんがどのようにして復活させていったのか、

一言でいうとそーゆー物語です。

この物語の中で私が感じたのは出会いの重要性、そして、経営者としての決断力の速さです。

数ある問題の中でもオンデーズの1番の問題点は資金繰りでした。

その資金繰りに対応することになったのが買収時一緒にオンデーズに乗り込んだ「奥野」さんです。

私はこの奥野さんがいたからこそオンデーズは復活を成しえたのだと思います。

社長がひたすら成長するために無謀とも思える投資策を実行し、そして幾度となく失敗しても、

毎回首の皮一枚で生き残ってこれたのは、奥野さんが必死に資金をかき集め、資金繰りに奔走したからに違いありません。

 

企業は「」である。

物語の節々に何度も登場する言葉です。

特にメガネ業界は人による部分が多々あります。

接客から視力測定、レンズ加工まで従業員の働きによって顧客満足度に大きく影響を与えます。

社員との出会い、出資者との出会いが何度も田中さんを救ったのだと思います。

海外展開時のスピード感には驚きました。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、他者の追随を許さないためとは言え、

全くノウハウも経験も見本もない海外展開をあそこまでのスピード感をもってやることは普通の感覚ではできないでしょう。

「倒れるなら前向きに」という合言葉がでてきますが、一歩間違えれば即死につながる決断を即決することは私にはできません。

 

問題は山積み、資金はギリギリでも世界一のメガネブランドになることを目指し「挑戦する」。

船を漕ぎ出し、目的地に着いた。

「そこで待っていたのは、新しい大海原への入り口が目の前に広がっていただけであった。」

企業は目的を達成したらそこで終わるわけではありません。

次のステージに向かってまた、船を漕ぎ出さなくてはいけないのです。

 

私もクラウド会計導入で悩んでいる場合ではない。

早急に導入し、稼働させていかなければ世の中の流れからおいていかれる。

そのような危機感と、何にでも挑戦する向上心をもってやっていこうという気持ちにさせてくれた本でした。

 

経営者なら一読の価値はあります。

ぜひ読んでみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. あした死ぬかもよ?
  2. 山下誠司著『年収1億円になる人の習慣』早起きはお金持ちになるため…
  3. 松波竜太「その節税が会社を殺す」|世の中、結局カネ
  4. 山田昭男「稼ぎたければ働くな」書評|経営とは「常に考える」こと
  5. 稲盛和夫「働き方」書評|コツコツ継続することが一番の近道
  6. 現実世界を変えるにはアウトプットしかない。樺沢紫苑著「アウトプッ…
  7. 堀江貴文「属さない勇気」書評|従来の価値観で本当に幸せか?
  8. 本多健「大富豪からの手紙」書評|人とつながることで幸せになる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP