ブログ

2017年「おすすめ漫画」ベスト3 

こたつに入ってミカンを食べながら漫画を読む。

最高の一日ですね!

(娘に邪魔されるけど。)

こんにちは。税理士の吉村です。

最近は電子書籍で漫画をダウンロードして読んでいます。

紙の本に比べ、発売日が遅いものがあるのが難点ですが、

漫画の置き場所に困っている住人にとっては、かなり助かります。

さて、今回は漫画が大好きなわたしが、2017年に私が読んだ作品の中から

面白かった漫画ベスト3を発表いたします。

もう既にご存知なものばかりかもしれませんが、ぜひご覧ください。

第3位 Dr.STONE(ドクターストーン) 

ある日、世界中の人類が石化してしまう謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹(たいじゅ)。

約3700年後、目覚めた大樹は、先に復活していた親友の千空(せんくう)と再会する。

2人は石の世界(ストーンワールド)でゼロから文明を作ることを誓うのだった。

突然、世界中の人類が石化してしまった設定。

誰が何の目的で?宇宙人からの攻撃?

最大の謎である石化した理由は当分先まで解明されないことでしょう。

そして、3700年後の世界は弥生時代みたく描かれています。

ここから科学の力を使ってどのように文明を進めていくのか。

また、千空の‘‘敵‘‘として出てくる司とどのように戦っていくのか。

今後どのような展開になっていくのか非常に楽しみな漫画です。

第2位 約束のネバーランド

孤児院・GF(グレースフィールド)ハウスに住む38人の子供達。彼らは本当の「ママ」のように慕うイザベラ

と一緒に幸せに暮らしていた。ある日、施設を巣立つコニーの忘れ物を届けにエマはノートンと共に

外へと通じる門へ向かう。そこで2人は力なく横たわるコニーの遺体と人型の怪物を目撃し、

更に「ママ」が自分たちを怪物の食料として育てていた事を知る。

もう家族を失いたくないと願うエマ達は生き延びる為に情報取集を開始し、

毎日繰り返される知能テストの目的が怪物たちの好む発達した脳を育てる事だと結論付けた。

そして彼らは新たに同い年のレイを仲間に加え、本格的に施設からの脱獄を計画する。

プリズンブレイク(見てない人すいません)のような脱走物語。

飼育員である育ての親「ママ」から逃げることができるのか?

孤児院(ハウス)の外に希望はあるのか?

子供達がとても可愛く描かれておりほっこりする場面もあります。

特にわたしはフィルが好き。

また、「ママ」との戦いでは互いの裏を読む心理戦が非常に面白い。

ラスボス的な存在のx△□●(←鬼語なので読めない)も気になります。

この漫画は世界観が独特で1巻から多くの‘‘謎‘‘で満ち溢れています。

その‘‘謎‘‘が一体何なのか?

この世界はどのようになっているのか?

過去に一体何があったのか?

伏線だらけで、早く続きが読みたくてしょうがなくなる漫画です。

第1位 アオアシ

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人は、そのまっすぐすぎる性格が災いし、中学最後のサッカー部公式大会で

大きな挫折を経験してしまう。そんな彼の前に現れたのは、プロクラブ「東京シティ・エスペリオン」

ユースチーム監督・福田達也。福田に誘われたアシトは、「東京シティ・エスペリオン」

のユースセレクションを受験することに。

「キャプテン翼」をはじめとするサッカー漫画は多くの作品がでています。

最近では、監督を題材とした「ジャイアントキリング」がめっちゃ面白いですが、

この「アオアシ」はユース(育成)に着目したサッカー漫画です。

毎度毎度挫折しながらも前に進んでいく葦人。

こんな風に自分もなれたらとつくづく思います。

そして、母親の存在のでかさに気づかせてくれる漫画でもあります。

ユースで生活していくにはそれなりのお金が必要です。

それを工面する母親。

そして旅立つ葦人に渡した手紙。

悔しいですが、泣いてしまいました。

今更サッカー漫画と思います(わたしも最初思ってた)が、

一度読んでしまうとハマります!!

今年一番おすすめしたい漫画です。

漫画大賞にもノミネートされたみたいです。

(詳しくは知らない)

良かったら読んでみてください。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 二重焼きのお店「いわた屋」を訪問|手土産にもちょうどいいおやつで…
  2. 広島県呉市のPR動画が凄い!
  3. 運動不足解消にバッティングセンターはいかが?
  4. 広島の穴場カフェ S.TONS CAFE(エストンズカフェ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP