ブログ

AIに税理士の仕事は取られるか?

こんにちは、税理士の吉村です。

初めてスマホからの投稿です。

写真は東北旅行に向かう新幹線の車内から。

さて、AIの出現により、10年以内に消える仕事の中に税理士が入っています。

たしかに記帳代行業務はその役割をAIが担うことになり、まずは事務所職員が消えていくことになるでしょう。

次に、決算・申告書類の作成及び電子申告の代理もA Iが行うことになるでしょう。

すでに優秀な会計ソフトがあります。

したがって、税理士でなくても少し勉強すれば申告自体は誰でもできる環境は整ってると感じています。

法律で代理申告できるのが、税理士なだけで。

では、税理士が今後10年でいなくなるかと言われると、それは少し違うと思います。

税理士の一番重要な仕事は、経営者の相談相手になることです。

誰にも話すことのできない悩みや不安を抱えながら、ひとり頭に汗をかきながら働いているのが経営者です。

税理士は職業上、会社のお財布状況、つまり、会社が今いい状態なのか、悪い状態なのかを誰よりも知っている存在です。

したがって、経営者の唯一の理解者になり得る存在だと思います。

記帳して、決算申告書類を作って渡して終わり。

こんな税理士は、今後簡単にAIに取って代わられます。

そうならないために、経営者にとってなくてはならない、代わりのいない存在になる必要があります。

具体的な方法は、

・コミュニケーションを密にとる

・税務会計以外のお困りごとにもアプローチする

・フットワークを軽くする

・専門知識の勉強を怠らない

経営者にとって自分が役に立てることがないか考え行動していれば、AIを極度に恐れることはないと考えています。

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 激安税理士事務所を顧問にするリスク
  2. HP spectre 13 に買い替えたらストレスがなくなった!…
  3. 完璧主義を求めない。力を抜くくらいがちょうどいい
  4. 税理士に頼むならある程度の料金は覚悟しよう
  5. 経営者の給料が高いのは当たり前。悔しかったら経営者になればいい
  6. 確定申告最大の敵は資料回収だった!
  7. 育児は楽しんだもん勝ち
  8. キャッシュフロー計画表勉強会と忘年会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP