ブログ

「人間万事塞翁が馬」一喜一憂せず、自分が信じる道を行く

どうもー、税理士の吉村です。

「人間万事塞翁が馬」という言葉は、

私が大学生の頃ゼミの先生から唯一教わったことです。

他にも教わったことはあるはずですが、記憶にございません!

 

私が専攻していたゼミは人間行動学。

特に興味があったわけではなく、入れたゼミがそこだけでした。

そのゼミの先生が中国が大好きなこともあり、

毎回講義の初めに「人間万事塞翁が馬」の話をしてから始まる少し変わったゼミでした。

 

ちなみに「人間」は「ニンゲン」ではなく「ジンカン」と読むのが正しいようで

意味としては「世間」を意味するそうです。

ずっとニンゲンって読んでました。(笑)

 

この話は耳にタコができるくらい聞いたため、今でも頭の中にしっかりとインプットされています。

「人間万事塞翁が馬」がどういった話かというと、

昔、国境の砦の近くに一人の老人が住んでいました。

ある日その老人が飼っていた馬が、北方の他の国へ逃げてしまった。

周りの人々は慰めたが、老人は「これが幸いとなるだろう」と言った。

やがて、逃げた馬が北方から別の駿馬をひきつれて帰ってきた。

人々がお祝いをすると、老人は「これが禍となるかもしれない」と言った。

やがてその家には良馬が増えたが、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。

人々がお見舞いをすると今度は、「これが幸いとなるだろう」と言った。

一年が過ぎるころ、隣国との大きな戦争がありほとんどの人が戦死したが、

この息子は足が不自由なため戦争に召集されず、父と共い生きながらえることができた。

【出典】
淮南子[人間訓]

この話の教訓は、

「何が幸福につながり、何が不幸につながるかは予想不可能である」

ということです。

 

これは実社会でもよく聞く話です。

・希望する会社に入社できたが、とんでもない上司の下で働くことになった

・昔はド貧乏で苦労していたが、その苦労話を本にしたら大ヒットした

・大病したが、そのおかげで命の大事さを知ることができた

などなど・・・。

 

成功したからといって調子にのらず、

また、失敗したからと過度に落ち込む必要はありません。

いいことも悪いこともそれがずっと続くわけではありません

 

一喜一憂せず、今現在に集中して努力を続けるべき。

自分が信じた道を愚直に歩むことで福を呼ぶことでしょう。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 新入社員へ告ぐ。会社はいつでも辞められる。
  2. 「税理士を変更したい」と思われるのは事前期待のマネジメントができ…
  3. 最短で経営に必要な数字を納品する税理士
  4. キャッシュフローコーチ養成塾で得た成果
  5. 企業買収もクリック1つでできる時代に
  6. 当たり前の事を当たり前にやるだけ
  7. 外国人技能実習生の問題と受入れ企業の思惑~技能実習生3年で69名…
  8. HP spectre 13 に買い替えたらストレスがなくなった!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP