ブログ

クラウド会計を使用するメリット

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナー吉村です。

 

少し振り返ってみるとこれまでクラウド会計のデメリットや注意点をお伝えしてきました。

しかし、クラウド会計を使うメリットについてはほとんど語っていなかったので、今回はメリットについてお伝えします。

自動取得機能

従来の会計ソフトではcsv形式で出力した取引明細を会計ソフトにインポートする方法をとっています。

ただ、これはネットバンキングを利用しているクライアントに限ります。

利用されていないお客様は通帳のコピーをいただき、それを手入力で会計ソフトに入力していきます。

残念ながら中小零細企業のお客様はまだまだネットバンキングの普及が進んでいません。

中小零細企業はネットバンキングを導入しよう

これがクラウド会計では銀行口座やクレジットカードを登録すると取引明細を自動で取得します。

そのため登録できたものについては手入力の手間がほとんどなくなります。

自動仕分機能

自動取得した取引明細に対応する勘定科目を自動で提案してくれます。

また学習機能を使うことで使えば使うほど精度が上がり、最終的には登録ボタンを押すだけで良くなります。

クラウド会計の1番の強みがこの自動取得と自動仕分です。

したがって、うまくクラウド会計を使えれば記帳業務に係る作業時間をかなり削減することが可能になり、

より付加価値の高い業務に専念できる時間を捻出できます。

どこでも使える

クラウドですから、どのパソコンでもどんな場所でもインターネット環境さえあれば使用することができます。

また、税理士事務所側でもクラウド会計の契約をしていればいつでもお客様の情報を見に行くことができます。

間違った処理をしていれば簡単に修正することもできますし、ちょっとしたアドバイスなんかもできるかもしれません。

さらに、リアルタイムで資金状況が反映されるため、お金の不安を解消するにも役立ちます。

まとめ

クラウド会計を使って記帳処理をすることで効率化できることは間違いありません。

しかし、帳簿処理を行うにはやはり若干の簿記の知識や税金の知識が必要となります。

さらに初期設定や学習機能を誤って登録してしまうと後々修正が面倒になってしまい放置している方も大勢います。

導入を検討する際にはまずは税理士を始めとする専門家に相談してみるのが一番でしょう。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 沈みゆく船に乗り続けるのか?
  2. 広島の牡蠣はやっぱり美味い!ママ友の集まりにお邪魔してきました
  3. 経営者の給料が高いのは当たり前。悔しかったら経営者になればいい
  4. 売上を上げるためには分解しよう
  5. イクメンと言われることに違和感?
  6. 労働基準法は許しても俺は許さない!有給休暇取得を申請したら言われ…
  7. PDCAなんてもう古い!今はDDDCだ!
  8. 人と会うことで仕事に繋がる。出会いを大切にしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP