ブログ

ブログを書き続けるためのコツ

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

まもなくブログ更新200記事目ということで、

今回はブログを続けるためのコツをお伝えいたします。

やらないと気持ち悪くなるまでやる

ブログを続けるためのコツ、

それは、

習慣化

する事です。

習慣とは無意識でも行動できるようになることです。

例えば、歯磨きや車の運転は意識しなくてもできていますよね。

そのレベルまでブログを書き続けることができれば、書くことが苦行ではなくなります。

しかし、習慣になるまでは簡単ではありません。

これは私もよくわかっています。

では、どのようにして習慣化していくかを考えなければなりません。

ハードルを極端に下げる

習慣にするためのコツは、ハードルを極端に下げることです。

例えば、

・書けなくてもいいからブログページを開いてみる。

・最低1行は書いて更新する。

・画像だけ載せてみる

あなたのブログを読んでくれてる人は、何も専門知識を知りたくてそのブログを読んでいるわけではないかもしれません。

ただ単にあなたのファンであったり、もしくはあなたのことをもっと知りたいと思ってる人かもしれません。

私も利益改善パートナーとして売上アップや利益アップのことを書かなければならない。

もしくは、税理士として税金や節税の事について書いた方がいいのだろうと考えていました。

しかし、それらの情報は書籍や他の方のブログにわかりやすく書いてあるため特段私が話す必要ないことに気づきました。

そのため今では思いついたことを好き勝手書くようになりました。

他人に役に立つことを書こうとするとなかなか書けません。

自分本位で良いと決めてしまうのもハードルを下げることになります。

時間帯を定める

毎日同じ時間に同じようなことを繰り返すことで習慣化することができます

したがって、毎日同じ時間にやる方が習慣にしやすいです。

私は朝ブログを書かなければ書けないことがわかりました。

朝予定があり夜に書こうとした日に限って、体調が悪くなったり

娘の寝かしつけに時間がかかったりと書けないことが続きました。

今では朝のウォーキングと同時に書く習慣が身についています。

報酬を意識する

断言します。

ブログはデメリットがありません。

逆にブログを書くメリットは多々あります。

1つはブログを読んでくれた人があなたのファンになりお客様として来てくれる。

つまり、集客ツールとしてかなり有効です。

もう1つはアウトプット先ができるということです。

ブログの1番良いところだと思いますが、ブログを書くという事は最大のアウトプットです。

・本を読んだ感想

・セミナーを受けた気づき

・仕事で感じたこと

日々の出来事をブログに書くことによって振り返りを行うことができます。

つまり、アウトプットと同時にフィードバックを行うことができるのです。

また、「毎日ブログを書かなければならない。」

そう考えるとアウトプットするためにはインプットが必要です。

そのため、「次のブログでは何を書こうか、そのためにどのようなインプットしようか」と言うアンテナが立ちます。

ブログを書く前提で日々過ごすことで、自己成長を促す大きな要素・要因になるのではないでしょうか?

まとめ

ブログを書くことはメリットがあることがわかっているが続かない。

そんな人は多いと思います。

毎日続けるための習慣化する。

そのためには書くハードルを低くする。

ハードルを低くすると言う事は、何でもいいので毎日ブログに書いてみる。

1行でもいいので書いてみる。

もしくは画像貼り付けてみる。

そして、同じ時間帯に書く。

これがブログを続けるためにできるコツではないかと考えています。

 

 

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. お客様の本音を聞いていますか?
  2. 起業したばかりだけど税理士って必要?
  3. 日本は人材不足?それとも奴隷不足?
  4. この世で1番無駄なお金の使い方
  5. 娘が公園デビュー!日常にある幸せ
  6. 税理士事務所の担当者がコロコロ変わる理由
  7. 駆け込み確定申告はご遠慮下さい!
  8. 税理士が銀行から融資を受けてみて気づいたこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP