ブログ

売上を上げるためには分解しよう

こんばんは、利益改善パートナーの吉村です。

売上アップは全ての企業の課題です。

最終的な利益の源泉は売上です。

売上アップを目指さないと企業の成長は止まります。

いや、止まるだけではなくそこから衰退が始まります。

さらに、そこで働く従業員の方の給与やボーナスも上げることはできません。

今回は売上アップに欠かせない考え方をお伝えします。

売上は3つの要素に分解しよう

有名な売上の方程式があります。

客数×客単価×リピート率

まずは現状の売上を上記3つの要素に分解しましょう。

これをすることで、どの部分に課題があるか、

どのように改善していけばいいのかが見えてきます。

飲食店を例に挙げて考えてみます。

客数を上げるには

新規顧客来店数が少ないため売上が伸び悩んでいることがわかったとします。

客数を上げる方法はいくつも考えられます。

・広告:雑誌、web、FAX-DM、郵送DM

・紹介:紹介特典を付ける

・USP:その店でしか食べられないウリの言語化

・トゲをとる:お客が来ない理由を1つ1つ排除

広告には費用が掛かりますが、その他は工夫次第でお金をかけずにできることも多々あります。

客単価を上げるには

次に、常時お客様の来店はあるがイマイチ売上が伸び悩んでおり客単価を上げたい場合。

できる対策は、

・値上げ:見せ方を変えて新商品として値上げ

・アップセル:高額メニューの開発、強化

・クロスセル:セットメニューの開発、強化

客単価を上げる=商品開発です。

高額でもお客様が納得して料金を払ってくれる商品をつくらなくてはなりません。

リピート率を上げるには

最後に、リピーターが少ないため売上が伸び悩んでいる場合。

できる対策は、

・会員制度:会員権、回数券を発行し前払い化

・継続的フォロー:SNS等で接触頻度を増やしお客とのつながりを強化

・季節性キャンペーン:季節感のあるメニューの開発

飲食店であれば、料理が美味しいことと接客が良いことは前提です。

しかし、それ以外にも工夫次第でできることは多々あります。

まとめ

売上アップに悩んでいる方は、まず売上を上記3つの要素に分解してみる。

分解することで売上アップのヒントが見つかります。

お金をかけなくても売上をあげるためのアプローチは様々あります。

まずは無料でできることから始めてみるのがいいかもしれませんね。

 

~おしまい~

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 大敗を喫しても楽しいカープ観戦
  2. お金がなくても生きていける?
  3. スキャナーScanSnap iX500 一家に一台あると便利
  4. 異業種交流会に参加するならランチ会を開けば?
  5. 第三者からの評価を受けることで成長度合いをはかる
  6. 高単価報酬を得るには筋トレをしよう!
  7. 【告知】CFC養成塾広島第2期の募集が始まりました
  8. 断ることで得るものがある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP