ブログ

人から好かれるための3つのコツ

こんばんは、利益改善パートナーの吉村です。

できることなら人に嫌われることなく生きていきたい。

誰しもそう思いますよね。

人から好意をもたれるテクニックとして有名なものに「ザイアンスの法則」があります。

今回は人から好かれるためには、「ザイアンスの法則」に加えて2つの事をお伝えいたします。

ザイアンスの法則とは

人間関係は、1度や2度では信頼されない。

繰り返し接することで覚えてもらえ、信用も積み重なっていきます。

この繰り返し接すると好意度や印象度が高まるということを指摘した心理学者の名前をとって、

ザイアンスの単純接触効果(ザイアンスの法則)と呼ばれています。

その概略は次の3つです。

1 知らない人には攻撃的になり、警戒心を持つ

2 接触回数に比例して好意を抱く

3 その人の人間的側面を知ると、より親近感を抱く

したがって、人から好かれるための具体策としては、

・会う頻度を増やす

・SNSやブログで情報開示する

・ビジネスだけでなくプライベートの側面を見せる

簡単にできますね。

表情を豊かにする

特に士業は表情が硬い!

確かに、税理士であれば税金。弁護士であれば交通事故や離婚問題。

社会保険労務士は労基問題と、字面を見ても笑顔で話せるような話題ではありませんね。(笑)

それでも最初に会った際や休憩中に笑顔を見せることはできるはず。

硬くブスッとしている人と笑顔でニコニコ幸せそうにしている人ではどちらが好感が持てるか一目瞭然ですよね。

人から好かれるには笑顔が非常に有効な手段になります。

人を好きになる

あなたのことが好きです!

と言ってくれている人をあなたは嫌いになれますか?

私は無理です。

早い話、相手の事を好きになってしまえば必ず相手も好意を向けてくれます。

まとめ

友好な人間関係を築くことで人生は豊かになります。

人から好かれるためには、

・相手の事を好きになる

・笑顔で触れ合う

・ザイアンスの法則を意識的に使ってみる。

この3つが非常に重要だと考えています。

 

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. MVPコンテスト2018 キャシュフローコーチのNo.1を決める…
  2. 「税理士を変更したい」と思われるのは事前期待のマネジメントができ…
  3. 完璧主義を求めない。力を抜くくらいがちょうどいい
  4. 独立して気づく、努力すべき方向
  5. 初回無料相談をやめない理由
  6. お客様の本音を聞いていますか?
  7. PDCAなんてもう古い!今はDDDCだ!
  8. 高単価報酬を得るには価値を上手く伝えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP