ブログ

税理士に頼むならある程度の料金は覚悟しよう

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

 

「1年間経理業務を全くしていない」

確定申告間近のこの時期にこういったお客様のご依頼が多くあります。

申告期限は3月15日までです。

それまでに1年間分の処理を行い、確定申告書作成し、税金を納付しなければなりません。

税理士事務所では1年に1度だけ資料を持ってこられるお客様が存在するため、通常業務に加えて年一業務が発生します。

したがって、業界内で1月~3月は繁忙期とされています。

聞いた話だと、寝袋持参の事務所もあるようです。(あくまで噂です)

 

さて、この1年間の処理を一体いくらでやるべきかといったお話です。

1年間分の料金を一括でもらえる事は大きなメリットでしょう。

しかし、その分時間と手間がかかります。

さらに申告期限に間に合わせないといけないというプレッシャーもかかってきます。

特急料金として通常価格よりも割高になるのもやむを得ません。

 

少し前ですが、実際に私の方にも1年間未処理の方の確定申告の依頼がありました。

お見積りを提示したところ、ご自身でやってみるとの返答でした。

しかし、面白いことに昨夜税理士紹介会社のメールでその方の案件が届きました。

自身でやるのは難しいと判断し、安くやってもらえる税理士を探しているみたいです。

「月額1万円・申告料2万円・計14万円」という提示額でした。

ここから紹介会社に72%の手数料を取られます。

結果、3万9,200円の儲けです。

これで1年分の処理を行う税理士が存在するのでしょうか?

 

以前、私が行っている理髪店では月々5,000円で全部やってもらえるという記事を書きました。

税理士顧問料5,000円ぽっきり!それってホントに税理士?

大手の事務所では職員を抱え込み、人件費を搾取することで経営を成り立てている事務所もあるみたいです。

もしかしたらそういうところがやるかもしれません。

とはいえ、結局のところ安かろう悪かろうになりかねません

税務申告は処理を間違えると損をすることもあります。

ある程度のレベルを求めるなら、それなりの料金を支払う必要があるのではないでしょうか。

よくよく考え、良い税理士と巡り会ってもらいたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 保育園無償化、待機児童なら意味ね―じゃん!
  2. 自分の認識を改めるきっかけは整体?
  3. メニュー表で価値の見える化をしよう
  4. 苦手を苦手のままにしておくのはもったいない
  5. メールの返信1つで差別化できる
  6. MVPコンテスト2018 キャシュフローコーチのNo.1を決める…
  7. 沈みゆく船に乗り続けるのか?
  8. 租税教室講師を担当 in 広島市立安西小学校

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP