ブログ

ひとり税理士は体調管理が一番重要!

こんばんは、税理士の吉村です。

久しぶりに風邪をひきました。

風邪をひいた時期と症状から、完全に奥さんからもらったようです。

ちなみに奥さんは娘からもらったようです。

家族仲良く順番に風邪ひいちゃいました。

 

雇われであれば、風邪やインフルエンザになれば、有給を取って休むことができるでしょう。

(余程ブラックな企業は別ですが)

自分が2、3日休んだところで仕事は回ります。

(休み明けに仕事は溜まっているでしょうが)

 

しかし、ひとりで事業をやっている場合は簡単に休むわけにもいきません。

日々の記帳作業から雑務・電話対応まで、すべて一人で行っているため、自分が休むと仕事が回りません。

また、無理に仕事をしても集中できないため、ミスする可能性が高くなります。

税理士は税務の専門家です。

一つのミスがクライアントの信用を失い、契約打ち切りに繋がりかねません

 

外から帰ったら手洗い。(うがいはそんなに効果がないらしい)

また、日頃から散歩に行くなど、適度な運動と睡眠は心掛けていますが、

ちょっとした気の緩みから今回風邪をひいてしまいました。

今後クライアントを増やして忙しくなってくれば、尚更体調管理が重要になってくるでしょう。

 

今週で3月が終わり、間もなく新年度が始まります。

さっさと風邪を治して、新年度からいいスタートが切れるようにしたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. セルフイメージを再構築する具体的なやり方と事例
  2. 「人間万事塞翁が馬」一喜一憂せず、自分が信じる道を行く
  3. 税理士になるために大学院で免除を受ける
  4. ブログを書き続けるためのコツ
  5. ビジネス用パソコンはいいものを使おう!
  6. 勉強は義務ではなく学ぶため~中国統一研修会~
  7. お客様の本音を聞いていますか?
  8. 第三者からの評価を受けることで成長度合いをはかる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP