ブログ

メニュー表で価値の見える化をしよう

おはようございます。利益改善パートナーの吉村です。

何をやっているかわからないものにお金を払いたくない

以前、お客様から言われた言葉です。

特に士業のような一般的に馴染みのないサービス業であると不透明感はあるのでしょう。

一昔前に比べるとインターネットのおかげで料金相場やサービス内容は比較しやくなったとはいえ、

未だにホームページを持っていない事務所やホームページはあっても料金を載せていない事務所は多々存在します。

そこでお客様の不安を払しょくするためにも、

メニュー表が重要になります。

実はメニュー表作成は2つの意味で重要な意味を持ちます。

価値の見える化のため

1つ目はもちろんお客様のためです。

自社にはどんなサービスがあり、他社とどのように違いがあるのか。

料金を明確にすることでわかりやすく見込み客に対しても既存のお客様に対しても伝えることができます。

また、後から追加のサービスが発生することもあるでしょう。

その際にもメニュー表があれば追加で料金を請求しやすいというメリットもあります。

上手くセールスするため

もう1つは自社のためです。

メニュー表を作成しようとするとお客様にわかりやすく伝えるため、サービスを言語化しなければなりません。

これをすることで実際にお客様を目の前にしても躊躇なく自社のサービスを売ることができます。

メニュー表がない事務所では、お客様に自分たちが一体どんなサービスを提供しているのかボンヤリとしかわかっていないところも多いのではないでしょうか?

比較されると困る?

メニュー表があることでお客様は相場観と比較することが可能になります。

高額料金で提示している事務所は、「相場観と比較されると商売にならないよ」という方もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。

万人に受けるサービスなんてものはありません。

それぞれの事務所でターゲットが違います。

富裕層をターゲットにしている事務所もあれば、新設法人をターゲットにしている事務所もある。

ターゲットが決まっていればそこに合わせた料金設定で問題ありません。

なぜ、ほかの事務所に比べて高額なのか?それをしっかり言語化し、メニュー表に落とし込めばいいだけです。

まとめ

メニュー表作成は、価値の見える化をする上で1番簡単で1番効果のある方法です。

また、業界あるあるですが、話を聞いてその場で料金を決めたり、その時の事務所の状況によって金額が決まったりします。

(お客様が1件減ったから少し料金を下げてお客を取りに行ったり、逆に繁忙期のときは料金を吊り上げたりと)

メニュー表がない事務所も多いので、メニュー表を作成するだけで他企業と差別化を図ることができるかもしれませんよ。

 

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 【告知】CFC養成塾広島第2期の募集が始まりました
  2. 断ることで得るものがある
  3. 新成人に伝えたい!成人式から約10年、あの時の理想と現実
  4. 人を雇い、育てることの難しさ
  5. 人のためにお金を使うことでいつか自分に返ってくる
  6. 渡嘉敷島でシュノーケリング!最高に美しい海だった!【2017年5…
  7. 夢の国ディズニーに学ぶべきこと
  8. 「お客様の声」の必要性と効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP