ブログ

キャッシュフロー計画表勉強会と忘年会

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

 

先日はキャッシュフロー計画表の勉強会に参加してきました。

キャッシュフローコーチの先輩である垰本さんが講師を務め、計画書の作り方・考え方をわかりやすく伝えてくれました。

キャッシュフロー計画表自体は私も作成しています。

しかし、他の人の作成の方法であったり、その考え方を聞く事は非常にためになりました。

自身が見落としていた点に気づくことにもなりました。

 

キャッシュフロー計画表と銀行が求める資金繰り表との違い

・計画表を作るには経営者にどんな資料を求めればよいか。

・キャッシュフローコーチと税理士との立ち位置をどうすれば良いか。

答えはネタばれになるので詳しく知りたい方はぜひ垰本さんのセミナーに行ってみて下さい。

 

講義の中でも話されていましたが、余力のある企業ではなければキャッシュコーチ契約を結ぶ事はなかなか難しい。

私自身もここが課題だと感じています。

ターゲットを現在は新規創業者にしていますが、実際に創業期は十分なお金がありません。

税務顧問にプラスしてコンサルティング業務を付加しようとしても、そこまでの経済的・時間的余裕がある企業は稀です。

ただ、私の想いとして創業期のお客様から携わりたい。

一緒に成長していきたい。

そういった想いがあるうちは今のターゲット変えずに行こうと考えています。

 

CFC養成塾が終了し、月に1度集まってがっつり勉強する事は無くなりましたが、毎月卒業生たちが集まり自主的に勉強会をする。

成長意欲の高い人たちの集まりに参加することでモチベーションも自然と高まり良い影響をもらえます。

環境を変えることで人は変わることができる。

CFC養成塾に入り素晴らしい人たちとの出会いが私を変えてくれています。

今後も定期的に塾生たちと会って刺激を受けながら切磋琢磨していきます。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. ニセ税理士に依頼するリスク
  2. 税理士がAI時代を生き抜くための必須スキル
  3. ビジョンを掲げる意味と効果
  4. キャッシュフローコーチ養成塾で得た成果
  5. 納得する価格設定を考える
  6. 激安税理士事務所を顧問にするリスク
  7. 信用を失えば商売は終わる
  8. 創業相談会に相談員として参加。お悩みは消費税

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP