ブログ

税理士顧問料年間5万円。(記帳代行込み)この金額で引き受ける税理士って大丈夫?

こんばんは、税理士の吉村です。

先日こんなツイートをしたら少し反響がありました。

 

どう計算すれば、最低賃金を下回るかわからない人に解説致します。

記帳代行を含め確定申告の年間料金が5万円ということは、紹介手数料70%を差し引くと15,000円です。

驚く人がいると思いますが、紹介会社に対してこれほどの手数料をぼったくられます。

記帳代行は領収書や請求書の枚数にもよりますが、入力作業をし試算表を作るのに月2時間かかるとして年間24時間(2時間×12ヵ月)

確定申告書の作成、電子申告、その他の雑務の時間が少なく見積もって年間5時間。

合計27時間。

15,000円÷27時間=556円

見事、最低賃金を余裕で下回ります。

 

このようなことが起こる原因はいくつか考えられます。

1つは、お客様が税理士の相場観を全く知らない場合。

例えば、私は銀座のお寿司屋さんの時価と書かれたお寿司が一体いくらくらいするのか想像がつきません。

普段から馴染みのない税理士に対する報酬がいくらくらいが妥当なのか判断できない人がいるのも無理のないことです。

ただ、今はインターネットで調べれば大体の相場観は把握できるはずです。

さらに言えば、紹介会社はお客様に対してこの金額でやる税理士はいないことをきちんと伝えるべきでしょう。

(中には安い金額でもやる税理士がいるからそのままなのかもしれませんが)

 

もう1つは相場観を知っていてあえて安い税理士を探している場合。

確かに月額3,980円~と銘打ってネットで集客している税理士事務所は存在します。

中身を見ないと表面的には安く見えてしまうかもしれません。

このような事務所は、

・年商500万円まで

・月の仕訳数30仕訳まで

・別途オプション料金が発生する

など様々な条件をクリアしないと安くならないケースが往々にしてあります。

中身を見ずに金額だけ取り上げて、比較対象にするのはいかがなものかと思います。

 

しっかりと対応してくれる税理士かどうか。

話しやすい、相談しやすい税理士かどうか。

価格に見合ったサービスを提供してくれているかどうか。

税理士を選ぶ際には金額だけではなく、この辺を判断基準に入れていただければ幸いです。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 外国人技能実習生の問題と受入れ企業の思惑~技能実習生3年で69名…
  2. 税金の勉強は義務化すべきでは~確定申告無料相談会に参加して~
  3. ブログ100記事に到達|最初の壁は突破できたかな
  4. iPhone純正イヤホンでの音声入力が便利すぎる
  5. メールの返信1つで差別化できる
  6. 早朝ランニングを継続するためにはハードルを極端にまで下げる
  7. 適切な情報収集をするための4つの方法
  8. 事業を経営する上でやるべき6つの手順

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP