ブログ

何と比べられるかを相手任せにしない発想

こんばんは、税理士の吉村です。

「脱ドンブリ勘定セミナー」で学んだことをシェアする記事。

今回で5回目です。

もう少し続きますので、ご了承ください。

前回までの記事は下の方に貼っておきます。

今回は、相場観に悩まされずに望む報酬を得るためのコツをご紹介します。

お客様の中にある相場観

「税理士だったら月3万円~5万円」とか、「社労士だったら月2万円くらい」とか、

「家庭教師をお願いしたら1時間4,000円」など、お客様の頭の中にはすでにおおよその相場観があります。

その相場観があるため、料金表を提示したときに高い・安いの判断がつけれられます。

そこで重要なのが、「何と比べられるかを相手任せにしない」ということです。

つまり、「自分が誰と比べられたいのかこちらから提示する」ということです。

「役割」は誰と比べられたいのか

自分のサービスは、客観的に見てどれくらいの価値を持つか?

それによって価格は決まります。

自分がやろうとしている内容や役割は、はたして何に近いのか?

ちなみに私の場合は、「社外CFO(財務責任者)として経営数字を使って経営者の意思決定をサポートする」

という役割を月額5万円(1時間のコンサル)でやろうとしています。

したがって、税理士の資格はもっていますが、比較されたいのは税理士ではなく、

社内の財務責任者や経理部長などになります。

「報酬」は誰と比べられたいのか

比較されたい「役割」が決まったら、次は「金額」の比較です。

その役割を果たす上で、お得だと感じてもらえる存在と比較されると都合がいい。

つまり、「誰と比べられるような仕事をするか」を考えます。

私の場合は、その会社の事務員以上の価値はだせるだろうと考えています。

 

中小・零細企業では経理・事務作業をパートのおばちゃんにやってもらっているところが多いです。

パートのおばちゃんは毎日来て作業を行いますが、あくまで作業にすぎないため、

それによって新たな価値を生み出すわけではありません。

また、パートのおばちゃんの給料は月に8万円~15万円くらいでしょう。

 

私は月に1度しか行かないけれど、社長の重要課題にアプローチすることで高い価値提供をする自信があります。

つまり、パートのおばちゃんより安い報酬で、価値貢献は経理部長クラスということです。

先に言えば説明、後で言えば言い訳

面談の冒頭において、比べる対象をこちらから提示する必要があります。

例えば、

「パートのおばちゃんを一人雇うくらいの投資額で、社外にいるけど財務責任者みたいな立ち位置で

経営数字を使って経営者のの意思決定をサポートするようなコンサルをやろうと思っています。」

この前置きトークによって、税理士と比べられる前に、比べる対象をすり替えています。

 

先に言っておけば、相手はそのつもりで心構えをしてくれるので、後から実際にそうなっても、ちゃんと受け入れてくれる。

しかし、何の前置きもなく、後になって言われると全部言い訳見たくなってしまいます。

 

契約の入り口段階で、「自分は誰と比べられたいか相手任せにしないで、自分で決める」ことで、

相場観に悩まされずに納得のいく報酬を得ることができるでしょう。

 

 

※関連記事

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 効果的なコーチング4つの手順
  2. 商品・サービスが売れないのは「正当性」がないから
  3. 人材採用はハーズバーグの二要因理論を考えよう
  4. 経営者のお困りごとTOP3にアプローチする方法
  5. 安心・安全・ポジティブな場づくり
  6. 先生型vsパートナー型
  7. 税理士だけが持つ2つの強み
  8. 自分サイズのアウトプットで一歩ずつ前進

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP