ブログ

消費税の納税資金準備は自動積立がおすすめ

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

 

経営者にありがちなのが消費税の納税を甘く見ることです。

決算申告の際に、

ゲッ!こんなに払わないといけないの?

と、びっくりされる経営者は少なくありません。

事前におおよその納税予定額をきちんとお伝えしているにもかかわらずです。

 

特に免税事業者から卒業し、消費税を初めて納めることになった経営者にありがちです。

免税事業者であれば消費税を納税することなく手元資金として使えます。

益税の問題はありますが、消費税の免除というのは創業期の企業にとってはすごくありがたいものだと思います。

しかし、経営が順調であれば消費税の納税は避けて通れません。

 

消費税はあくまで預かっているもの

この認識のある中小零細の経営者は残念ながら皆無です。

したがって、申告時期になってから慌ててお金をかき集め、納税する経営者をこれまで多く見てきました。

そうならないためにも事前に資金を準備する必要があります。

そこで私のお勧めの方法が自動積立定期預金です。

 

消費税の計算方法は2種類あります。

どちらの方法であっても毎月の消費税の発生額は比較的簡単に算出することができます。

これを参考に毎月の積立金額を決め、自動積立を行う。

毎月決まった金額を強制的に事業用口座から納税資金用口座に振り返られる。

自動積み立て預金のメリットはこの強制力にあります。

 

自分の意思で積み立てをしようと思ってもそれは簡単なことではありません。

口座にお金があれば設備投資にあててしまうかもしれません。

最悪、無駄遣いをしてしまうこともあります。

強制的に口座から引き落とされれば、そのお金は始めからなかったものとして普段の資金繰りを考えなければなりません。

 

申告時期に慌てないために事前に準備する。

余裕をもつことで安定・健康的な経営につながると思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 税理士の仕事ってなんだ?
  2. 役員にボーナスを払いたければ「事前確定届出」の提出が必要です
  3. 中古資産の耐用年数の求め方
  4. 全自動クラウド会計だからって安心してはダメ!
  5. クラウド会計ソフトfreeeで現金領収書は入力しない方が無難
  6. 申告漏れ?脱税?|中日:森野コーチの申告漏れの記事を読んで
  7. クラウド会計ソフトfreeeを税理士が使ってみた第一印象
  8. 確定申告時期になって慌てる前に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP