ブログ

税理士変更は難しい?いいえ、チョー簡単です

こんばんは、税理士の吉村です。

税理士を変更したい。

そんな希望をお持ちの社長は少なからずいらっしゃいます。

 

以前書いた記事でもご紹介しましたが、税理士変更を希望する社長は税理士に対し、何らかの不満を持っているケースがほとんどです。

・税理士には何も期待していない

・税理士に怒られるのが恐い

・どうせ税理士なんてみんな一緒

このような税理士に対する諦めの声が聞かれるのは、同じ税理士として非常に残念です。

 

税理士を変更したいとは思ってはいるけど、実際に変更される経営者は多くはいません。

中には税理士変更の手続きが難しいと感じている社長もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

断言します!

 

チョー簡単です。

 

税理士変更に必要なのは、

 

解約します

 

この言葉のみです。

 

理由は別になんでもいいんです。

「親族が税理士になったのでそっちに頼むことにした」とか、

「税務を勉強するため自分でやってみることにした」とか、

税理士側もきっと察してくれますから。

 

税理士に不満を抱えながら付き合っていくより、さっさと別れて別の税理士と付き合うほうがよっぽどいいと思います。

税理士はよく女房役に例えられます。

離婚するのはかなりのエネルギーとお金がいるそうですが、税理士と別れるのは大した労力はいりません。

新しい税理士も今はネットで簡単に探せますので、何人か会ってみて相性の良さそうな税理士を選べばいいです。

 

経営者にとって税理士がストレスの原因になっているのならすぐにでも変更をお勧めします。

手続きに関しても、変更前の税理士から資料の返却をしてもらい、変更後の税理士に必要な資料を提出するだけです。

たまに、税理士を変更すると税務調査に入られると誤解されている経営者がいますが、それは都市伝説です。

 

年齢層が高い税理士業界ですから、年齢差で話が合わないこともあると思います。

探せばあなたに合った税理士は必ずいます。

税理士に対し諦めの気持ちを持つのではなく、自分に合った税理士を探してみるのも1つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 役員にボーナスを払いたければ「事前確定届出」の提出が必要です
  2. 間違えると大変!消費税課税事業者届出書と選択届出書の違い
  3. クラウド会計ソフトfreeeで現金領収書は入力しない方が無難
  4. 役員報酬いくらにする?【役員報酬の決め方】 
  5. 償却資産税ちゃんと申告してる?
  6. 最低限、証拠書類は残しておこう!
  7. 小規模企業共済のメリット【税理士が解説します】
  8. 青色申告と白色申告の違い【青色申告を選択しよう!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP