ブログ

税理士に丸投げは非常にラク。だけどデメリットもあるよ。

こんばんは、税理士の吉村です。

「うちの会社は税理士にすべて任せているので数字については全くわかりません。」

こんな社長さん意外と多いです・・・。

以前こんな記事を書きました。

 

この記事の中でも言いましたが、記帳業務はお金を生みません

さらにぶっちゃけると、素人が会計ソフトを使って記帳したものを修正するほうが、

税理士としては手間がかかる場合があります。

そのため、経理担当者を雇う余裕のないところや社長一人だけでやっているところなどには、

あえて自計化(自社で記帳業務を行うこと)を勧めず、丸投げで仕事を受けることがあります。

今回は、この丸投げによるデメリットについてお話していきます。

数字がわからないことによる弊害

ある程度会社の規模が大きくなると数字を理解する必要が出てきます。

・前期比何%増の売上目標を立てればよいのか?

・営業であれば一人当たりいくら売上を挙げてもらう必要があるのか?

・月いくら売上がなければ赤字になるのか?

・同業他社に比べて利益率・労働分配率はいいのか?悪いのか?

などなど。

経営者が数字を見て判断できることは多々あります。

実際に自分で記帳業務をやったことがないと、なかなか試算表を読む力は身に付きません。

ましてや、上記数字をどうやって算出すればいいかなんてわかるわけがありません。

税理士が月々の試算表や決算書からこれらのことを教えることは可能です。

ただし、税理士の多くは税金計算と申告業務が主な仕事だと思っています。

そこまでいろいろとアドバイスをくれる税理士は珍しいのかもしれません。

結局、経営者は数字に関して税理士に丸投げしてしまうため、

適切な目標設定や借入時期などを自分で判断することが難しくなってしまいます。

リアルタイムの数字がでてこない

もう一つ丸投げのデメリットが試算表ができるまで時間がかかる点です。

私の事務所の経理は毎月末日に締めて、翌月1日は試算表を作成するようにしています。

そうすることでリアルタイムに経営状況を把握することができ、課題解決に向けてすぐに動くことができます。

目下の課題は、新規開拓ですが・・・。

 

しかし、丸投げでご依頼いただくと、

 

訪問時に資料を預かる→持ち帰って試算表作成→翌月訪問時に試算表の内容説明等

 

と、およそ2ヵ月のタイムラグが発生してしまいます。

それでも、大まかな納税予測であったり節税対策等はできますが、ベストであるとは言えません。

まとめ

税理士に業務を丸投げすることのデメリットは、大きく2つです。

・経営数字がわからないため、適正な目標設定や借入時期が判断できない

・リアルタイムの数字がわからない

規模が小さかったり、経理担当者を雇う余裕がない企業が税理士に丸投げすることは

ある程度正解であると私は考えています。

自計化を考えるのは、本業で成果を出して余裕ができてからで十分です。

ただ、丸投げにもデメリットがあるのだということを知っていただけば幸いです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 役員にボーナスを払いたければ「事前確定届出」の提出が必要です
  2. 社長の退職金準備は生命保険の活用がベター
  3. 中古資産の耐用年数の求め方
  4. 個人事業主・零細企業は記帳業務なんて外注してしまえ
  5. 士業は最強!?儲かる商売の4原則
  6. 源泉徴収票の交付は経営者の義務です
  7. ボーナスを払ったら、賞与支払届の提出が必要です
  8. あなたの会社いくらまで借り入れできる? 借入金上限の目安

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP