ブログ

役員報酬いくらにする?【役員報酬の決め方】 

こんばんは。税理士の吉村です。

会社設立の際によく聞かれる質問があります。

それは

役員報酬いくらにしたらいいの?

です。

役員報酬には法人税法上いくつかルールが定められています。

そのルールを破ると役員報酬の一部が経費として認められません

今回は役員報酬の決め方について解説いたします。

 役員報酬のルール

役員報酬に関して、しっかりと覚えてほしいポイントは2点のみ!

 

毎月同じ報酬金額であること

②役員報酬を変更できるのは会社設立時(翌期以降は事業年度開始日)から3か月以内のみ

 

役員報酬を経営者の判断で好き勝手変更できると、会社の利益を容易に操作することができます。

「決算で利益を調整し法人税の納付額を少なくする」、なんてことは許されておりません。

金額はどうやって決める?

役員報酬は容易に変更できないことがわかりました。

それでは、どのようにして役員報酬の金額を決めるとよいでしょう?

 

1つの考え方として、事業計画から役員報酬を決めることを提案します。

ある程度の収支予測がわかるのであれば、大まかな利益の予想がつきます。

その利益に基づき役員報酬を決定する方法です。

 

ただし、予想通りにいくことはまずないでしょう。

特に設立1年目から「利益がでまくって笑いが止まりません」なんて言ってる中小企業の社長さんを私は見たことがありません。

 

日本のどこかにはいるんでしょうが・・・。

 

皆さん1年目はなんとかカツカツで乗り切る感じです。

したがって、計画が大きく下回った場合、高額な役員報酬を設定してしまっていると、

その報酬を会社から受け取ることができない可能性があります。

その場合でも、役員報酬の変更はできないため、所得税や社会保険料が大きな負担になります。

 

もう一つの方法が生活費から役員報酬を決定する方法です。

最低限必要な生活費が20万円なら月々の役員報酬を20万円にしてしまう。

利益が確保できるようになってから報酬を引き上げる。

もし、1年目に大きく利益が出てしまった場合は、会社で節税を考える。

私は設立1年目はこちらの方法をおススメします。

役員にボーナスは出せないの?

役員にボーナスの支給をすることは可能です。

ただし、事前に届出書を税務署に提出しておく必要があります。

「事前確定届出給与」といい、

会社設立時は2か月以内(翌期以降は事業年度開始から4か月以内)に提出する必要があります。

個人的には会社設立時には考える必要はないと思います。

まとめ

役員報酬はよく考え慎重に決めるべきです。

個人で税金を払うのか?

会社に利益として残し、会社で税金を払うのか?

そのバランスを考えることでトータルの納税額に大きな差がでます。

所得税と法人税の税率、そして社会保険料の負担額をよく吟味し、不利にならないよう役員報酬を決めましょう。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 個人事業主は振替納税を利用しよう!
  2. 個人事業主・零細企業は記帳業務なんて外注してしまえ
  3. クラウド会計ソフトfreeeを税理士が使ってみた第一印象
  4. 借入金の返済は利益の後から
  5. 「税理士業務処理簿」ちゃんと作ってる?
  6. 失敗しない税理士の選び方
  7. ボーナスを払ったら、賞与支払届の提出が必要です
  8. 日本の申告制度はこれで大丈夫?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP