ブログ

源泉徴収票の交付は経営者の義務です

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

 

うちはアルバイトしかいないので源泉徴収票は作らなくていいんですよね?

こういった勘違いされている経営者はいらっしゃいます。

おそらくホームページやブログなどで誤った情報を得ているのでしょう。

給与支払った場合には必ず源泉徴収票の作成・交付をしなければなりません。

その年において支払の確定した給与等について、その給与等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その年の翌年一月三十一日まで(年の中途において退職した居住者については、その退職の日以後一月以内)に、一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない。 所得税法第226条第1項

アルバイトであるため月々源泉所得税を差し引く金額まで給与がなく、

したがって、源泉徴収票のなどいらないだろうと思われる気持ちもわかります。

しかし、その人が他の場所でも働いていたり、給与所得以外に不動産や事業所得等があった場合は確定申告をしなければなりません。

その際に源泉徴収票は必要となります。

 

また、税務署に対し源泉徴収票を提出する方は基本的に次の場合に限られます。

法人の役員で年収が150万円を超えるもの。

①以外の者については、年収が500万円を超えるもの。

この税務署に提出する義務がないから源泉徴収票を交付しなくても良いと、勘違いされる方も中にはいるでしょう。

しかし、税務署に提出義務はなくとも、市区町村及び従業員に提出する必要はありますのでお間違いなく。

 

人を雇うということはその人の対して責任を負うことになります。

給与をきちんと支給日に支払う事はもちろんですが、源泉徴収票の交付などもしっかりとしなければなりません。

昨年の源泉徴収票の交付は1月31日までです。

まだお済でないところは早めに処理してあげましょう。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 全自動クラウド会計だからって安心してはダメ!
  2. 経営セーフティ共済を解説!4つのメリットと注意点!
  3. あなたの会社いくらまで借り入れできる? 借入金上限の目安
  4. 失敗しない税理士の選び方
  5. そもそも税理士に何を任せたらイイの?
  6. 個人事業主が事業用資産を売却した場合 |確定申告で間違いやすい…
  7. 新設法人は消費税を払わなくてもいいって本当?
  8. クラウド会計ソフトfreeeで現金領収書は入力しない方が無難

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP