ブログ

盛岡三大麺の1つ「じゃじゃ麺」を白龍(パイタン)本店で食べてきた【2018年5月 東北旅行記1】

こんばんは、税理士の吉村です。

ゴールデンウィーク後半。

昨年の沖縄旅行にひとりメンバーを加え、男5人で東北旅行に来ております。

※関連記事

1日目は岩手県盛岡。

始発の新幹線に乗り6時間半。

ようやく盛岡駅に到着。

広島からは、かなり遠い・・・。

初日の目的は盛岡の三大麺の1つ「じゃじゃ麺」を食すこと。

そこで有名店の白龍(パイタン)本店に行ってみることに。

お昼過ぎの1時半くらいに着きましたが、そこには長い行列が。

お店自体が20人くらいしか入れない規模のため、1時間ちょっと待つ羽目になりました。

ようやくありつけた「じゃじゃ麺」

麺は平たいうどん。

肉味噌ときゅうり、生姜をよく絡めて食します。ちなみに、わたしはきゅうりが食べれないためネギ多めにしてもらいました。

感想としては、「まぁこんなもんか」っていうのが正直なところ。

美味しいのは美味しいけど、1時間も並んでまで食べたいものではないかな。

一緒に頼んだ餃子の方が美味しかったし。

また、じゃじゃ麺を食べ終わったあとに卵を割って作るちーたんたん(卵スープのようなもの)も基本皆さん頼みます。

我々も同様に頼みましたが、あんまり味がない。

塩コショウを加え、いい感じに。

少し文句も言いましたが、広島では味わう事が出来ない食べ物には違いありません。

なので、今回食べることができてよかったです。

食べた事がない方は一度は食べてみてください。

次回、「吉村、小岩井農場へ行く」

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 座敷わらしに会える旅館「緑風荘」に宿泊【2018年5月 東北旅行…
  2. 小岩井農場でアーチェリー!牧場関係ないアトラクションで、はしゃぐ…
  3. 本州最北端「大間」でマグロ丼を食す【2018年5月 東北旅行記5…
  4. 日本三名橋「錦帯橋」の見どころをご紹介
  5. イタコで有名な「霊場恐山」を参拝【2018年5月 東北旅行記4】…
  6. インスタ映えで話題の「ベジトリップ(Vegetrip)」を訪問
  7. 函館「五稜郭」のお堀をボートで疾走【2018年5月 東北旅行記6…
  8. 広島県民が免許を取ると必ず訪れる場所「山賊村」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP