ブログ

広島県民が免許を取ると必ず訪れる場所「山賊村」

こんばんは、税理士の吉村です。

休みを利用して山口県にある「山賊村」に行ってきました。

この場所は広島県民から見ると、

・ちょうどいい距離(広島市内から1時間半程度)

・走りやすくわかりやすい道(ほぼ2号線を直進)

・ちょっとした観光地

であるため、運転の練習コースに最適となっており

免許を取得したばかりの初心者ドライバーが訪れる定番スポットになっています。

 

ちょっとした観光地と書きましたが、山道を走っているといきなり「鯉のぼり」の大群に出会います。

 

こんな感じで、こどもの日に限らず、一年中ずっと飾ってあります。

 

また、外でこたつに入って食事ができるのもこちらの特徴です。

(もちろん、室内で食事もできます)

今回も迷わずこたつへ!!

この日は3月なのに最高気温20°とかなり暖かい一日だったので良かったですが、

真冬は室内に入ることをおススメします。

 

定番の「山賊むすび」と「山賊焼

それに加え「茶そば」を初めて頼んでみました。

お茶の香りがするとのことでしたが、私にはよくわかりませんでした。

普通にうどんのほうがよかったかな・・・。

お見苦しい写真ですいません・・・。(笑)

「山賊焼」は、かぶりついて食べるスタイルです。

手は汚れますが、そんなの関係ねぇー!

こっちの方がお箸で食べるよりきれいに食べれます。

 

山賊に来たのは約1年ぶり。

休日なのもあってか、相変わらずの盛況っぷり。

12時過ぎに出るときには行列ができていました。

 

今回再訪問してみて、本当にドライブには最適なコースであることを再認識しました。

天気もよく海沿いを走るドライブは非常に気持ちが良かったです。

機会があればぜひ寄ってみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 日本三名橋「錦帯橋」の見どころをご紹介
  2. インスタ映えで話題の「ベジトリップ(Vegetrip)」を訪問
  3. 本州最北端「大間」でマグロ丼を食す【2018年5月 東北旅行記5…
  4. 函館「五稜郭」のお堀をボートで疾走【2018年5月 東北旅行記6…
  5. イタコで有名な「霊場恐山」を参拝【2018年5月 東北旅行記4】…
  6. 小岩井農場でアーチェリー!牧場関係ないアトラクションで、はしゃぐ…
  7. 盛岡三大麺の1つ「じゃじゃ麺」を白龍(パイタン)本店で食べてきた…
  8. 座敷わらしに会える旅館「緑風荘」に宿泊【2018年5月 東北旅行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP