ブログ

BLUE GIANT(ブルージャイアント)【自分を貫き通す大切さを教えてくれる漫画】 

どうも、漫画大好き税理士の吉村です。

以前から気になっていた漫画BLUE GIANT(ブルージャイアント)。

大人買いしてしまいました。

夜更かしして一気に読破。

期待以上の漫画でした。

久しぶりに漫画で泣きましたね・・・。

この感動を少しでも分かちあえればと思います。

BLUE GIANT(ブルージャイアント)あらすじ

主人公、宮本大は高校の同級生に誘われ、ジャスバーに行くことに。

そこでジャスに心を打たれた大は、世界一のジャズプレイヤーになるため、河原で一人練習をはじめる。

雨の日も猛暑の日も毎日、飽きることなくサックスの練習をする宮本大。

無謀に思えるこの挑戦は様々なドラマを生むことになる・・・。

主人公、宮本大に引き寄せられる

気持ちのいいくらい前向きな主人公。

人生初のライブでお客さんから怒鳴られても、すぐに立ち直るポジティブ男

出典:『BLUE GIANT』1巻

 

その全く怯まず、ビビらず、愚直に進んでいく姿に引き寄せられます。

自分を信じ抜くことの大切さ

「世界一のジャズプレイヤーになる」

何の根拠もなく、自信たっぷりに言ってのける宮本大。

ただひたすら自分を信じて、日々練習。

 

「この今日は・・・どっかにつながってんだべか・・・」

大晦日、大雪の降る中練習していた大は心が折れそうになる。

そこへ一匹の猫がワキ目も触れず、ただまっすぐ前へと進んでいく姿をみる。

「まっすぐ前だけ向いて、行かなきゃいけないんだなお前は・・・」

 

 

この先に何があるかわからないでも前だけ向いて進んでいく。

大が自分自身に言い聞かせているようで、すごく印象に残っているシーンです。

 

誰に言われるでもなく、自分のためにひたすらに努力を続ける

今やっていることが将来につながるか、なんて誰にもわかりません。

自分を信じて、時には根拠のない自信をもって前に進んでいくことの大切さを教えてくれる漫画です。

 

ぜひ一度読んでみて下さい。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 現実世界を変えるにはアウトプットしかない。樺沢紫苑著「アウトプッ…
  2. 山下誠司著『年収1億円になる人の習慣』早起きはお金持ちになるため…
  3. 堀江貴文「属さない勇気」書評|従来の価値観で本当に幸せか?
  4. 『破天荒フェニックス』読了。そのスピード感と決断力に脱帽
  5. あした死ぬかもよ?
  6. 『宇宙兄弟』から学ぶ。迷ったときに決断する方法
  7. 稲盛和夫「働き方」書評|コツコツ継続することが一番の近道
  8. 好きを仕事にする独立起業の教科書|無料配布できる器量がすごい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP