読んだ書籍

『宇宙兄弟』から学ぶ。迷ったときに決断する方法

こんばんわ。

税理士の吉村です。

わたしの大好きな漫画の一つに「宇宙兄弟」があります。

「宇宙兄弟」では数多くの名言が残されており、何度も読み返してしまいます。

人は生きていく中で決断しなくてはならないことがたくさんあります。

特に経営者なんかは、日々選択と決断を繰り返しています。

そんな迷える子羊ちゃんたちに

「宇宙兄弟」の登場人物である

天文学者の金子シャロンの名言をご紹介します。

迷ったときはね

「どっちが正しいか」なんて考えちゃダメよ

日が暮れちゃうわ

頭で考えなきゃいいのよ

答えはもっと下

ほらムッタ下げて下げて

あなたのことならあなたの胸がしってるもんよ

どっちが楽しいか」で決めなさい

引用元:宇宙兄弟 5巻

 

この名言のおかげで私は独立開業を決められたといっても過言ではありません。

 

実際、わたしは独立開業についてどうすべきかを相当悩みました。

 

税理士としてまだ1年目なのにやっていけるのか

親子3人路頭に迷うのでは

ダメだったとき、笑われるのでは

 

様々な不安がよぎり、独立を躊躇する気持ちも大いにありました。

ただ、「どっちが楽しいか」で判断すると明らかに独立でした。

 

今の作業を続けても勉強にならない

好きな人と、好きな場所で、好きな時間だけ働ける

自分の欲しいスペックのパソコンや会計ソフトが使える

料金も自分が納得しなければ断ればいい

 

シャロンは痛快にわかりやすい判断基準を教えてくれました。

 

「どっちが楽しいか」で決めなさい。

 

迷ったときの決断方法におススメです。

♯編集後記

年末の挨拶で奥さんの実家にお邪魔してきました。

奥さんのご両親は姫路にお住まいで、広島からは車で3時間半。

1人で運転は少ししんどいです。

気を遣っていただき、焼肉屋さんへ。

味園というお店なんですが、ここがなかなかの人気店。

5時過ぎにはお客さんでいっぱいでした。

厚切り上塩タンが絶品です。

お義父さんお義母さんご馳走様でした!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。