ブログ

イクメンと言われることに違和感?

こんばんは、税理士の吉村です。

ご存知かもしれませんが、私には1歳2か月になる娘がおります。

これがまた私そっくりで、可愛くて可愛くて仕方ありません。

「目の中に入れても痛くない」とはこういうことを言うのでしょうね。

 

さて、先日近くのショッピングモールに行った時のこと。

奥さんが整体に行きたいということで、2時間くらいの間、娘と二人きりに。

無料のキッズスペースで遊ばせ、フードコートで食事をし、

オムツを替えにベビールームに行った時のことです。

(最近のショッピングモールは子連れに優しい設計で助かります)

たまたま、その日はベビールームに子育て相談の相談員の方がいらっしゃいました。

仕事なのか暇なのかはさておき、ガンガン話しかけられました。

(私1人だけなのもあって・・・。)

 

相談員の方との話しの中で、

「パパにオムツを替えられると嫌がる子もいる」

「そもそもやらないパパも多い」

あなた「イクメン」ですね。

と、お褒めの言葉を頂戴いたしました。

 

褒められているので、嫌な気持ちにはなりません。

しかし、「イクメン」という言葉にどうも違和感を感じました。

 

確かに私は子供が好きで家にいるときは、なるべく身の回りのこと

(オムツ交換やお風呂、食事など)をしたり、一緒に遊んだりはしています。

ただ、自分の子供の面倒を見るのは当たり前です。

そもそも、日中仕事している私が育児に割ける時間は限られています。

私よりも奥さんの方が遥かに子供の面倒を見てくれています。

 

「母親が子育てするもの」という風潮が未だに残っているため「イクメン」という言葉で

父親の育児参加を促しているのでしょう。

 

イクメンではなく父親としての自覚をもって子育てを行っていく。

子供は人生を豊かにしてくれます。

夫婦でしっかり協力し、悩みながらも楽しんで子育てしてきたいです。

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 「人間万事塞翁が馬」一喜一憂せず、自分が信じる道を行く
  2. キャッシュフロー計画表勉強会と忘年会
  3. 税理士が銀行から融資を受けてみて気づいたこと
  4. 人と会うことで仕事に繋がる。出会いを大切にしよう!
  5. ホリエモンの「多動力」読んでみたよ。
  6. 税理士は代行屋ではない。本来の役割を意識しよう。
  7. 従業員の雇用は慎重に
  8. 駆け込み確定申告はご遠慮下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP