ブログ

自分の認識を改めるきっかけは整体?

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

最近、整体に通い始めました。

腰に激痛が走り、仕事をしていても痛みが続くため通院したのがきっかけです。

大変失礼ですか、整体に通う人は怪我をした人を除けば、おじいちゃんおばあちゃんが来るようなところだと考えていました。

実際に、おじいちゃんおばあちゃんは多く、マッサージをしてもらっている姿が見受けられます。

しかし、中には小学生から来る方もいるとのことで、私の整体に対する偏見はだいぶ変わりました。

腰痛や肩こりというのは別に老齢の方に限ったことではありませんもんね。

さて、今回はその整体に通うようになり感じた気づきをシェアしようと思います。

 

整体に通う前から体の歪みはあるものだと意識はしていました。

しかし、実際にプロの目で見てもらうと私の認識よりだいぶ歪んでることがわかりました。

骨盤の歪みから私は足の長さが左右で違う。

右足が短く左足が長い。

原因は右足を上にして足を組むことだそうです。

 

また、プロに見てもらうと、がに股気味なのがわかりました。

あおむけで寝ると自然とつま先が外を向きます。

つま先の向きなど意識したことすらなかったため、驚きました。

 

さらに、私は自分の体が硬いことをよく理解はしています。

ただ、私だけではなく

世の中の人みんなそんなもんだろう

という認識でした。

しかし、100人中15番以内に入る体の硬さと言われると危機感を感じずにはいられません。

 

このように自分の体のことですらよくわかっていないということが、整体に来たことでよくわかりました。

プロの目で見てもらい客観的に評価してもらう。

これは自分の体に限ったことではありません。

事業内容や経営数字の中身を第三者に評価してもらう

例えば、銀行の格付けにおいてどのような評価が下されるのか。

他の経営者にならどのような評価を下すのか。

第三者の目で見てもらうことによって、新たな気づきや発見があるかもしれません。

 

自分のことは自分が1番よく知っていると思いがちですが、これは認識を改めるべきだと感じます。

第三者目線で正当に評価する人の意見を聞くというのは、

自分の間違いやリスクに早期に対応できることにつながります。

経営リスクや先を読んだ経営をしていきたいという方は、

ぜひお問い合わせください!

 

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. ビジネスに高級腕時計は必要?
  2. お金がなくても生きていける?
  3. 2月23日は「税理士記念日」。記念日って意味あるの?
  4. 税理士顧問料年間5万円。(記帳代行込み)この金額で引き受ける税理…
  5. 借金返済のための借金になってませんか?
  6. 友達価格又は無料で相談を受けるべきか?
  7. 高単価報酬を得るには価値を上手く伝えること
  8. スマホに固定番号が付けられるauオフィスナンバーが便利

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP