ブログ

スキャナーScanSnap iX500 一家に一台あると便利

こんばんは、税理士の吉村です。

何でも取っておきたい人っていますよね。

私もその一人です。

いつか見返すだろうと思っている書類が山ほどありました。

例えば、

・クレジットカードの明細書

・給与明細

・家具家電の取り扱い説明書

・年金定期便などのお知らせ

・年賀状

・料理のレシピを書いたメモ

 

本棚やタンスの肥やしになっているほとんどのものは

今後も見返すことはないでしょう。

いっそ思い切って捨てることができればいいのですが、

心配性の私はそう言うわけにはいきませんでした。

 

そこで、スキャナーの登場です。

 

あとから見返すかどうかわからないものを

一旦スキャンしパソコンに保存しておくことで

安心して書類を処分することができます。

 

スキャナーは様々なタイプが出ています。

私が使用しているのはScanSnap iX500です。

これを購入したのは5年くらい前のこと。

当時、ユーチューバーがこのスキャナーを紹介している動画を見て

衝動買いしたのを覚えています。

 

購入価格は確か4万円くらいでしょうか?

あんまり記憶にありませんが・・・。

 

スキャナーを買ってから、本を裁断し電子書籍化するいう

いわゆる「自炊」にも挑戦しました。

結局パソコンに入ってはいるもののこの5年間再び読み返すことはありませんでした。

 

放置していたら無限に増殖していく書類の数々。

定期的に見直してスキャンし、ゴミ箱にポイッ

断捨離をお考えの方はもちろん。

スキャナーは一家に一台あれば便利だと思いますよ。

 

The following two tabs change content below.

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 税理士事務所に就職はよく考えてから
  2. 営業のコツは聞き上手?
  3. 経営者が勉強しなければ他社に淘汰される
  4. 確定申告を間違いなく速攻で終わらす方法
  5. お金がなくても生きていける?
  6. お金が貯まる誰でもできる貯金方法
  7. 税理士になるために大学院で免除を受ける
  8. 税金の勉強は義務化すべきでは~確定申告無料相談会に参加して~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP