ご予約はこちら

ご予約はお電話か
WEB予約よりお願いいたします。

tel.082-577-77149:00〜18:00(土日祝を除く) WEB予約

ブログ

法人成りにあたって税理士との顧問契約はどのタイミングがベスト?

法人成りとは、個人事業主が法人を設立することをいいます。

個人から法人にすることで、法人税の節税効果や信用力の向上、

事業拡大のしやすさなど、多くのメリットがあります。

 

しかし、法人成りには多くの手続きや税務上の知識が必要となるため、

「税理士に相談した方がええのかなー。」

と漠然と考えられている方は多いかと思います。

では、税理士との顧問契約を結ぶベストなタイミングはいつでしょうか?

以下で詳しく解説します。

法人成りの計画段階

税理士との顧問契約を検討する最初のタイミングは、法人成りを考え始めた計画段階です。

先に結論から言うとこの段階が税理士に相談するベストなタイミングです!!

この段階で税理士と相談することで、以下のような重要なアドバイスを受けることができます。

  • 法人成りのメリットとデメリットの比較: 法人成りが本当に有益かどうか、具体的な数字をもとにアドバイスをもらえます。
  • 最適な法人形態の選定: 株式会社、合同会社など、どの法人形態が適しているかを助言してもらえます。
  • 資本金の設定: 資本金の額による影響や、最適な設定方法についてのアドバイスを受けられます。
  • 役員の設定:場合によっては配偶者を役員にした方が世帯全体での所得が増えることもあります。

最近はYOUTUBEなどの知識をもとにご自身で会社設立の手続きをされる方も増えてきました。

が、しかしこの計画段階で決めるべきところをすっ飛ばして設立してしまったが故に

後から再度お金をかけて整備しなおす部分があったりもします。

したがって、法人設立を考えているならまずはそのタイミング税理士に相談することがベストです!

 法人成りの準備段階

法人成りの具体的な準備を始める段階で、

税理士との顧問契約を結ぶことも考えられます。

この段階では、実際の設立手続きに関するサポートを受けることができます。

  • 設立手続きのサポート: 定款作成、登記手続きなど、煩雑な設立手続きを税理士がサポートしてくれます。
  • 開業準備のアドバイス: 銀行口座の開設、各種保険の加入、助成金・補助金の申請方法など、開業に必要な準備について具体的なアドバイスを受けられます。
  • 税務面の準備: 記帳方法の指導や、法人としての税務申告の方法についての指導を受けることができます。
  • 融資の準備:銀行から融資を受けるための計画書の作成や銀行との折衝などをお願いすることができます。

この段階では実際に法人成りした方が有利なことがわかって進めていくため手続的なアドバイスが中心となります。

自分では煩雑な手続きを税理士側に依頼することで安心感を持って設立を進めていくことができます。

法人成り後の運営段階

法人成りが完了した後も、税理士との顧問契約を結ぶことで、

継続的なサポートを受けることができます。

この段階では、日々の経理業務や税務申告、決算業務などについてのアドバイスやサポートを受けることができます。

  • 日々の経理業務のサポート: 記帳代行、給与計算、経費処理などの日々の経理業務を税理士に委託することができます。
  • 税務申告のサポート: 法人税、消費税、所得税などの税務申告を適切に行うためのサポートを受けられます。
  • 決算業務のサポート: 決算書の作成や、決算報告書の提出など、年度末の重要な業務を税理士がサポートしてくれます。

ここからが税理士として会社をサポートしていく本質の業務となります。

会社をよりよくしていくためコミュニケーションをしっかりととってやっていくことが重要です。

まとめ

税理士との顧問契約を結ぶベストなタイミングは、

法人成りの計画段階から準備段階、そして法人成り後の運営段階と、

それぞれのタイミングにメリットがあります。

特に、計画段階から相談することで、法人成りの全過程において適切なサポートを受けられるため、

スムーズな法人設立と事業運営が可能となります。

したがって、法人成りを検討する際には、早い段階で税理士との顧問契約を結ぶことをお勧めします

当事務所では法人設立前までは仮顧問契約として月額22,000円にてサービス提供をしております。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。