旅行記

盛岡三大麺の1つ「じゃじゃ麺」を白龍(パイタン)本店で食べてきた【2018年5月 東北旅行記1】

こんばんは、税理士の吉村です。

ゴールデンウィーク後半。

昨年の沖縄旅行にひとりメンバーを加え、男5人で東北旅行に来ております。

※関連記事

1日目は岩手県盛岡。

始発の新幹線に乗り6時間半。

ようやく盛岡駅に到着。

広島からは、かなり遠い・・・。

初日の目的は盛岡の三大麺の1つ「じゃじゃ麺」を食すこと。

そこで有名店の白龍(パイタン)本店に行ってみることに。

お昼過ぎの1時半くらいに着きましたが、そこには長い行列が。

お店自体が20人くらいしか入れない規模のため、1時間ちょっと待つ羽目になりました。

ようやくありつけた「じゃじゃ麺」

麺は平たいうどん。

肉味噌ときゅうり、生姜をよく絡めて食します。ちなみに、わたしはきゅうりが食べれないためネギ多めにしてもらいました。

感想としては、「まぁこんなもんか」っていうのが正直なところ。

美味しいのは美味しいけど、1時間も並んでまで食べたいものではないかな。

一緒に頼んだ餃子の方が美味しかったし。

また、じゃじゃ麺を食べ終わったあとに卵を割って作るちーたんたん(卵スープのようなもの)も基本皆さん頼みます。

我々も同様に頼みましたが、あんまり味がない。

塩コショウを加え、いい感じに。

少し文句も言いましたが、広島では味わう事が出来ない食べ物には違いありません。

なので、今回食べることができてよかったです。

食べた事がない方は一度は食べてみてください。

次回、「吉村、小岩井農場へ行く」

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。