ブログ

中小零細企業の人手不足を解決する方法

こんばんは。

社長の想いと財務をつなぐ専門家、吉村匡史です。

中小零細企業の人手不足が深刻です。

私のクライアント企業でも、仕事はあるけど人がいないから断るしかないといった切実な悩みをお持ちの社長もいらっしゃいます。

今後さらに少子化が進み労働者自体の数が減少している日本でいかに人材を確保していくかは企業の重要課題の1つです。

今回はどうやれば中小零細企業の人手不足を解決できるか考えてみたいと思います。

そもそも中小企業に入りたいですか?

中小企業が人材採用を考える際にまず前提条件として「いい人は来ない」という事を頭に入れておきましょう。

求職者の立場にたって考えると、どんな企業に入社したいですか?

・給料が高い

・福利厚生が充実

・社宅完備

・休みが多い

・教育制度が充実

・ネームバリューがある(有名である)

などが挙げられます。

しかし、中小零細企業の場合、すべてを満たしていないところがほとんどではないでしょうか?

いい人材は、ほぼ大手企業や公共団体(公務員)にとられているということを理解してください。

3流を1流に育てる覚悟

いい人材は大手企業に取られてしまっている現状、残す道はただ1つ。

3流を1流に育てるという事です

長ーーーーーーーい目で人を雇い教育し一人前に育てていく。

これは社長の忍耐力が試されますが、中小零細企業が人材を確保していくためにはそれしかありません。

 

当事務所ではまだ従業員を雇ってはいません。(今後も雇う予定はありません)

しかし、妻に事務業を手伝ってもらうことがあります。

自分でやれば15分で終わる作業ですが、1つ1つ教えているので2時間以上かかります。

もちろん、イライラしますよ。

でも、今後の展開を考えると1人で抱えられる仕事量には限界があります。

まだ時間的にも余裕があるうちに妻にいろいろと仕事を覚えてもらい、今後しっかりとできるようになってもらう予定です。

 

このように人を育てるには長期にわたる時間とお金と忍耐力が必要です。

また、退職されるリスクも大いにあります。

人材の確保にはそれなりの覚悟をもって挑む必要があります。

カンパニースピリッツはあるか?

カンパニースピリッツとは、いわゆる経営理念のことです。

(厳密にはカンパニースピリッツと経営理念は違うのですがここでは割愛します)

経営理念がなければ、どんな企業を目指しているのか、どこを目標にすればいいのかがわかりません

私の知り合いに、ある企業に入社した理由を尋ねたら、

「その企業の経営理念が非常にすばらしかったから」と答えた方がいました。

企業がどういう姿勢で商売をするのかを一言で表したものが経営理念です。

目指すものが明確でない企業になぜ入りたいと思うのでしょう?

仮にそれで人材が入ってきても、その人は本当にその企業で働きたい人なのでしょうか?

ただ単に生活費を稼ぎたいだけ、お金が貰えればいいというだけになってしまいませんか?

企業の理念や使命というものは別に掲げなくてもやっていけます。

ただし、それは家族や1人でやっている場合に限ります。

もし、明確な理念や使命がないのであれば、それを作成するところから始めてみてはいかがでしょうか?

人材確保に関係ないように見えて実は重要なことだと私は考えています。

まとめ

中小零細企業が人材を確保するには、

・心構えとして「いい人材は来ない」ことを理解する

3流を雇い1流に育てる

カンパニースピリッツを掲げる

この記事が人材不足で悩む経営者の参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. ブログ100記事に到達|最初の壁は突破できたかな
  2. 名刺は絶対「顔写真」が入ってる方がいい
  3. セルフイメージを再構築する具体的なやり方と事例
  4. 初回無料相談をやめない理由
  5. 新年に立てた目標は叶う?2018年に立てた目標を振り返る
  6. 税理士業界は超高齢化社会
  7. 経営者の給料が高いのは当たり前。悔しかったら経営者になればいい
  8. 経営者が勉強しなければ他社に淘汰される

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP