ブログ

お客様の本音を聞いていますか?

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

「なぜ、当事務所を選んでいただけたか?」

「どういう点で当事務所は役に立っているのか?」

「期待する事は何か?」

実際にお客様に聞いてみなければわからないことはあります。

こちらが良いと思っているサービスをお客様は求めていなかったり、

逆に私が思いもつかないようなことをお客様が求めている場合もあります。

これらの些細なズレがいずれ大きな不安や不満につながり、最悪、解約という流れになってしまうかもしれません。

 

「なんで私を選んでくれたんですか?」

「私のどこが良かったですか?」

恋人じゃないんだからそんなこといちいち聞けるか!と思われるかもしれません。

しかし、私はそのようなコミニケーションが非常に重要だと考えています。

先日もお客様の声に掲載させていただくため、クライアントにご契約のきっかけや感想などをお伺いしました。

その方は私の1番初めの個人のお客様でもう1年のお付き合いになります。

忙しくされており、なかなかお声を頂戴する機会がなかったため反映するのが遅くなりました。

その方の話の中で毎月毎月資料持ってくのは正直ちょっとしんどかったという話がありました。

こちらとしては資料まとめて提出していただくだけなのでそんなに手間は無いものかと考えていましたが、

実際にその資料まとめることもエネルギーが必要なんだと感じました。

また、お客様が試算表を淡々と作ってくれるのは助かっているが、

銀行との間の交渉に入ってくれたことが1番役に立ったことだったと言ってくださいました。

そのお客様の声は全編はこちらから

 

自分の強みがどこにありお客様が本当に求めているところがどこにあるのか

それらをきちんと把握し、情報提供することで今後のお客様の集客やサービスの向上につながってくるものと考えています。

既存のクライアントの意見を踏まえてサービスを提供する。

当たり前のような事ですが、意外に中小零細企業はできていないのではないでしょうか。

これ1つやるだけでやっていないところと大きく差別化することができます。

ぜひ試してみて下さい。

 

~おしまい~

The following two tabs change content below.

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 事務所のロゴが完成!ドラクエでいうと「はがねのつるぎ」を手に入れ…
  2. 広島のおすすめイタリアン「ゾーナイタリア」でディナー
  3. 税理士試験に合格するため、やるべきたった1つのこと
  4. ド田舎で商売するメリット、デメリット
  5. 初回無料相談をやめない理由
  6. 税理士が銀行から融資を受けてみて気づいたこと
  7. 外国人技能実習生の問題と受入れ企業の思惑~技能実習生3年で69名…
  8. 意外とできない人が多い。当たり前のマナー。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP