ブログ

節税対策は「お金を残すこと」に意味がある

クライアント企業の多くが節税対策を望まれます。

そもそもなぜ節税対策が必要なのでしょうか?

無駄な税金を払いたくないから

ほとんどの方がこのように答えるでしょう。

間違いではありませんが、節税対策にはもっと重要な意味があります。

それは、

会社にお金を残すこと」です。

何年も事業をやっている経営者の方は肌感覚でわかっているかもしれませんが、会社は毎年儲かるとは限りません。

必ず、業績がいいときと悪いときの波があります。

したがって、悪い時期に耐えることができるお金がなければ倒産に追い込まれます。

継続する強い会社を作るためには、適正な節税対策を行い会社にお金を残す必要があるのです。

節税と無駄遣い

節税の目的は「会社にお金を残すこと」です。

「税金を払うくらいなら使った方がマシ」などと言っている経営者がいますが、これは明らかに間違った節税方法です。

会社のためにならない支出などただの無駄遣いです。

また、節税にもお金が出ていく節税方法とお金が出ていかない節税方法があります。

詳しくは随時このブログでご紹介していきたいと思います。

利益があるから節税対策がある

税金を支払うのは利益が出た事業年度のみです。(均等割を除く)

したがって、利益がでるかどうかの判断ができていなければ、節税対策を行うことはできません。

月次決算をしっかりしている会社であれば問題ありません。

しかし、そうでない場合、決算で締めてみるまでわかりません。

結果として、節税対策をしておけばよかった。

あるいは、節税しすぎたため赤字に転落してしまった。というケーズが発生します。

節税対策には、前提として精度の高い月次決算を行い、利益(納税)予想をする必要があります。

まとめ

大事なことなので何度も言いますが、節税対策の最大の目的は「会社にお金を残すこと」です。

会社にお金を残すにはまず利益を確保する経営を行うこと。

そして、適正な節税対策を行うことで継続して生き残る強い財務体質をつくっていくことが重要です。

会社のお金を有効に使うために無駄な税金を払うことがないようにしましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 旅費規程を作り「出張日当」を支給する節税方法
  2. 「節税!節税!」言う前にまず利益を把握しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP