ブログ

税理士顧問料5,000円ぽっきり!それってホントに税理士?

こんにちわ。

税理士の吉村です。

毎月行く散髪屋。

髪を切ってもらうついでに、何気なーく営業をかけてみました。

そこは従業員1人とオーナーの計2人やっている床屋さん。

年商1,300万くらいの規模ではなかろうかと推測します。

自分でやるなら記帳込みで15,000円くらいかなーと思いながら

雑談していると、どうやら大手税理士事務所がバックについているらしい。

おっ!

これはもしやぼったくられているのではないか?

それならば私に税理士変更してくれる可能性があるのでは!

と、期待に胸を膨らませていると

「うちは毎月5,000でやってもらっているからね」

という衝撃のお言葉を頂戴いたしました。

しかも、確定申告の料金込みの値段。(笑)

記帳はご自身でされているそうですが、

それにしてもどうやってこの金額で利益がでるのやら。

ちなみに担当者はコロコロ変わるらしいです。

薄利多売の戦略をとることができるのは大手事務所の特権なのかも。

 

これが大手事務所のやり方かぁーーー!!

 

ちょっと叫んでみましたが、

これに付き合って値段を下げると破綻の道しか見えないため、私はやりません!

個人の確定申告程度のお客様で特に税務相談を必要とされていない方の

ニーズにはあっているのかも知れませんね。

ただ、それだけ安く受けるためには数こなさなくてはなりません。

そこで働く従業員はおそらく激務、激安給料で頑張っていることでしょう。

社畜に光あれ!

♯編集後記

先日、忘年会に参加するため久しぶりに広島駅に向かいました。

広島駅が大幅に改修されており、ビビりました。

二階の新幹線出口がなくなっており、新幹線乗り換え口のところで

おろおろする羽目に。笑

新幹線口には駐車場も新たにできたみたい。

これからは送迎しやすくなるので助かります。

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 新規顧客獲得にはヒアリングシートを使ってみよう!
  2. 意外とできない人が多い。当たり前のマナー。
  3. 2019年の目標と戦略~具体的な数字で設定する~
  4. 税理士がAI時代を生き抜くための必須スキル
  5. 「人間万事塞翁が馬」一喜一憂せず、自分が信じる道を行く
  6. iPhone純正イヤホンでの音声入力が便利すぎる
  7. 新入社員へ告ぐ。会社はいつでも辞められる。
  8. 自分を変える3つの簡単な方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP