ブログ

中小零細企業はネットバンキングを導入しよう

おはようございます。

想いとお金の両立で利益を増やし、お金を残す!

利益改善パートナーの吉村です。

 

ネットバンキングに移行することで、お金も時間も節約できます。

しかし、中小零細企業のネットバンキング導入割合は※約4割にとどまります。

※中小企業政策審議会 基本問題小委員会(第7回)配布資料より

本来であれば経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)が限られている中小零細企業は真っ先に導入すべき事柄です。

今回はネットバンキング導入のメリットをお伝えします。

メリットその1.振込手数料が安い

ネットバンキングは基本的に窓口よりも振込手数料が安く設定されています。

1件当たりの金額は微々たるものかもしれませんが、チリも積もればです。

経費削減できるところはしていきましょう。

メリットその2.24時間365日、銀行取引できる

インターネット環境さえあれば、いつでも、どこでも好きな時に銀行取引が可能です。

(年末年始でメンテナンスの時に使えないときもあります)

毎月振込のために窓口やATMに並ぶ必要がありません

その時間を本業に使うことができます。

メリットその3. クラウド会計と連携できる

記帳作業はお金を生みません。

自計化されている方はぜひネットバンキングからクラウド会計を連携させてみて下さい。

非常にスムーズに自動仕分を行うことができ、記帳の時間を減らすことができます。

ただ1点注意していただきたいのが初期設定を間違えると後々修正等が大変です

最初だけお金を払って専門家にやってもらうの事も選択肢の1つとして考えてみるのもいいでしょう。

まとめ

ネットバンキングはお金と時間を節約できる非常に便利なツールです。

最初にやらなければならない初期設定のハードルさえ超えてしまえば、後は非常に楽に運用することができます。

また、都市銀行や地方銀行のネットバンクは月額利用料がかかります。

しかし、※ネット銀行をメインの入出金口座にすることで対応は可能です。

※ジャパンネット銀行や楽天銀行(ただし、社会保険料の引落しに対応していなかったりします)

貴重な経営資源も無駄にしないためにも簡単に導入できるネットバンキングはぜひ挑戦してみて下さい。

本日もお読みいただきありがとうございました。

~おしまい~

 

The following two tabs change content below.

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 税理士になるために大学院で免除を受ける
  2. 自分を引き上げてくれる環境に飛び込む
  3. お金がなくても生きていける?
  4. 人のためにお金を使うことでいつか自分に返ってくる
  5. 外国人技能実習生の問題と受入れ企業の思惑~技能実習生3年で69名…
  6. 人から好かれるための3つのコツ
  7. 広島のおすすめイタリアン「ゾーナイタリア」でディナー
  8. 従業員の雇用は慎重に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP