日々の出来事

新入社員へ告ぐ。会社はいつでも辞められる。

こんばんは、税理士の吉村です。

新年度が始まり、今日から社会人として新たな一歩を踏み出した方も多いのではないでしょうか。

これから始まる新しい出来事に期待を膨らませ、時には不安を抱えながら過ごすことになるでしょう。

しかし、以前から入社3年以内に退職する割合は3割と言われているように、

せっかく入った会社を早期に辞めてします人が多いのも事実です。

最近では1年以内に約1割の人が辞める傾向もあるようです。

退職理由は様々です。

・給料が安い

・上司が嫌いだ

・思っていた仕事でなかった

・家庭の事情

などなど・・・。

個人的には会社に縛られる人生を送る必要は全くないと思っています。

辞めたければ辞めればいいし、辛ければ逃げればいい。

死ぬまで働く必要はありません

ただ、せっかくご縁のあった会社をすぐに辞めるのは少し勿体ないような気もしています。

というのも、私は大学時の就活では就職先を見つけることができませんでした。

特にやりたいこともなく、入りたい企業もなかったため、名の通った大手企業ばかりにエントリーしていましたが、

結局、1社すら内定を取ることもなく、進学という道を選びました。

要は、就活から逃げた訳です。

しかし、内定を勝ち得た皆さんは違います。

特に大手企業に入社された方は、非常に羨ましく思います。

一番羨ましいのは同期社員がいること。

次に研修制度がしっかり整っていることです。

私が最初で最後に入社(入所)したのは、個人がやっている小さな税理士事務所です。

税理士資格取得を優先に考えていたため、残業なしで勉強を優先させてくれる事務所を選びました。

当時、正社員は私一人。

他にパートさんとアルバイトがいましたが、基本、所長税理士と私のみの事務所でした。

当然、研修制度なんかありません。

保険会社の外回りの方に名刺交換の仕方を教えてもらったり、

自分で社会人マナーの本を購入して勉強するくらいしか手はありませんでした。

また、同期入社の社員がいないため、出来、不出来を図る「ものさし」となるものがありません。

自分は入社時から成長できているのか、不安はありました。

 

悪い言い方をすると、大手企業に入るということは「組織の歯車の一つ」になることかも知れません。

でも、そこで1年くらいは歯を食いしばってやってみることで得るものは必ずあります。

仕事を辞めることは簡単にできます。

そして仕事を辞めても、なんとでも生きていくことはできます。

社会人としての最低限身につけておく常識やスキルを給料をもらいながら教えてもらえる。

そんな美味しい環境は零細中小にはありません。

だからこそ辞める前にその企業から学べることが本当にもうないのか、

安易な考えで辞めてしまっていいのか、

少し冷静になって考えることも必要だと考えています

 

この記事が新入社員の方へ参考になれば幸いです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。