ブログ

「忙しいのにお金がない」を解決するには

こんばんは、利益改善パートナーの吉村です。

忙しく働きよるのに、カネがないんじゃ!

中小零細企業の経営者の1番大きな悩みといっても過言ではありません。

仕事が忙しいということは儲かっている証拠。

したがって、お金も徐々に増えていっていないとおかしいですよね。

ところがなぜか会社にお金が残らない

そんな悩みを抱えている社長さんは大勢います。

会社によってその原因は違いますが、主に3パターンに分けられます。

入金が遅いパターン

建設業に多く見られます。

入金より先に外注先への支払いがあるパターン。

特に公共事業を請け負っている企業は入金がかなり遅いらしいですね。

そのため、資金繰りに追われる傾向にあります。

しかし、このパターンの場合は後からしっかり入金があるため融資を上手く利用すれば改善されます。

工期に合わせて短期で借入を受ける方法が考えられます。

現状把握ができていないパターン

中小零細で1番多いのがこのパターンです。

日々の記帳業務を怠り、ドンブリ勘定で経営を行っているためこの状況に陥ります。

今、利益がでているのか損失がでているのかさえ不明。

辛うじて売上は把握しているが、それ以外はさっぱり。

このパターンの場合は、

・税理士にお金を払って記帳を外注化する

・経理を雇う

これをすることで、まず現状把握からしましょう。

なぜ、お金が残っていないのかを理解することで対策を打つことができます。

税理士等を雇うのに多少費用は掛かりますが、それに見合う効果はすぐに出ます。

忙しいだけ

このパターンが1番危険です。

働けど働けど一向にお金が残らない。

粗利率が10%程度しかない企業に多い現象です。

価格を下げてしか仕事を請け負えない。

したがって、数多く仕事をこなすため忙しく働くが、全く手元にお金が残らない状態です。

これはいち早く改善する必要があります。

・高単価商品を開発する

・付加価値をつける

・セルフイメージを再構築する

・ライバルを研究し差別化を図る

一旦立ち止まり、今後の方向性や改善点を見つけていきましょう。

さもないとつぶれるのは時間の問題です。

まとめ

「忙しいのにお金がない」と悩んでいる人は、

まず自分がどのパターンに陥ってしまっているのかを理解しましょう。

それが理解できれば問題の半分は解決できたも同然です。

あとはそこを解決できる専門家に依頼する。

または社内で解決できそうなら、アイディアを出し合い行動してみる。

これで解決に向かいます。

 

~おしまい~

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 開業1ヶ月で鬱になりそう
  2. 「お客様の声」の必要性と効果
  3. 起業したばかりだけど税理士って必要?
  4. 人のためにお金を使うことでいつか自分に返ってくる
  5. 借金返済のための借金になってませんか?
  6. セルフイメージを再構築する具体的なやり方と事例
  7. お客様の本音を聞いていますか?
  8. 【告知】CFC養成塾広島第2期の募集が始まりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP