ブログ

当たり前の事を当たり前にやるだけ

こんばんは、利益改善パートナーの吉村です。

昔の常識は今の非常識」こんな言葉があるように、自分では当たり前のことだと思っていても、他人からするとそれは当たり前ではないことがあります。

業界は一緒でも会社が違えば常識は異なり、さらに会社の中でも部署が違えば常識は異なるかもしれません。

 

先日、とある銀行員の方がご相談に来られました。

知り合った企業に融資をしようと考えているが、直近の試算表ができておらず困っているという内容でした。

その企業はすべての記帳業務を税理士にお願いしているらしく、既に資料の提出は税理士の方にはされているようです。

ただ、9月の中頃の現段階において4月までの試算表しかできあがっていないとのこと。

普通、早ければ8月まで、遅くとも7月までの試算表は手元にあるべきです。

 

たまにこのような話を聞きますが、意外とちゃんとやっていない税理士事務所は多いものですね。

記帳代行は確かに手間がかかる割に金額は安いため、職員に丸投げで放置している事務所はあります。

そのため、完了報告のチェックをしっかりと行っていなければ上記のような事例に陥ります。

手前味噌で恐縮ですが、私の事務所では職員がいないため記帳業務もほぼすべて私が担当しています。

外注に出すお金がないだけ・・・。

したがって、資料さえ期日までに提出していただければ10日以内には試算表を作成しています。

以前勤めていた事務所でもこのスピード感をもってやっていたため、特に苦労なく当たり前のようにこなしています。

また、作業量が増えすぎないようにクライアントの数を調整しています。

平成30年9月末の現時点であと5件くらいが今のサービスの質を変えずに行える限界ではないかと考えています。

 

事業を継続してやっていくためには新規顧客を獲得することはもちろん重要です。

それと共に既存顧客に対する仕事のクオリティを下げないこと。

当たり前のようですが自社ができているか、振り返りが必要だと感じました。

 

~おしまい~

 

 

The following two tabs change content below.

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. ニセ税理士に依頼するリスク
  2. 確定申告最大の敵は資料回収だった!
  3. メニュー表で価値の見える化をしよう
  4. 税理士が銀行から融資を受けてみて気づいたこと
  5. 自分の認識を改めるきっかけは整体?
  6. 年賀状は送るべき?
  7. 高単価報酬を得るには価値を上手く伝えること
  8. 社長と税理士の認識の違い~今の税理士報酬は本当に高いか?~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP