ブログ

ビジョンを掲げる意味と効果

おはようございます。利益改善パートナーの吉村です。

利益改善でお金の不安を解消し、クライアント企業で働く人たちの幸せを最大にする

これが、私の2018年10月現在のビジョンです。

「明確な目標と具体的な行動計画を紙に書きとめている人は3%にも満たない」

ブライアン・トレーシー氏:『働きがいのある人生』 より

ビジョンを紙に書くと実現することは数々の偉人たちの発言でハッキリしています。

しかし、実際に紙に書いている人はわずか3%

今回は、そもそもビジョンとは何か?

また、ビジョンを掲げる意味をお伝えしたいと思います。

ビジョンとは

ビジョンとは、あなたやあなたの会社が「将来なりたい姿」、「理想像」のことです。

「目標と同じではないか?」と、思った方がいるかもしれません。

ビジョンと目標は異なります。

例えば、私のビジョンは一言でいうと「利益改善で、幸せの最大化」です。

クライアント企業の経営者だけでなく、そこで働く人たちの笑顔と幸せを増やすお手伝いがしたい。

そのために私ができることが、たまたま数字関係だったのでこのビジョンに辿り着きました。

このビジョンだと応援してもらいやすいですよね。

そのための目標は「新規クライアント獲得10社を目指す!」です。

少しでも多くの企業に関わり、利益改善を行っていくためです。

しかし、これだと「勝手にどうぞ」という感じになってしまいます。

したがって、ビジョンは、他社貢献社会貢献の意味合いが強く、目標は現実的実利的実際的なものです。

ビジョンを掲げる意味

ビジョンは向かうべき方向性でもあります。

向かうべき方向性がそろっていない企業は次の図のようになってしまいます。

矢印の長さは努力量。パーセンテージが会社からの評価を表しています。

Aくん、Bくん、Cさんそれぞれ下から出ている矢印の長さは同じです。

Bくんだけが企業のビジョンに向かって努力っているため会社からの評価は高くなっています。

しかし、Aくん、Cさんは努力量はBくんと同じですが、方向性が違うため会社からの評価は低くなっています。

これが現実の企業には多く見られてしまっています。

ビジョンを掲げるという事は、こういった方向性のズレを無くし

会社一丸となってビジョン実現へまい進していくために重要な意味を持ちます。

ビジョンを描かない理由

ビジョンを掲げる重要性には気づいているものの書いていない人がほとんどです。

なぜ書かないか?

それは、書けない4つのハードルがあるからです。

①「何から考えたらよいか」がわからない

②「やれない理由」を思いついてしまう

③頭の中だけで堂々巡りする

④数字や言葉にするには、テクニックが必要である

これらの障害を乗り越えなければ、ビジョンを描くことができません。

 

さて、少し長くなってしまいましたので、4つのハードルの乗り越え方は次回お伝えしたいと思います。

 

~おしまい~

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 独立して気づく、努力すべき方向
  2. 「税理士を変更したい」と思われるのは事前期待のマネジメントができ…
  3. 中小零細企業の人手不足を解決する方法
  4. 初回無料相談をやめない理由
  5. その飲み会いつまで参加するの?行きたくないなら断れば?
  6. 不安になったらその原因を書き出してみる
  7. 刺激しあえる仲間がいることに感謝
  8. 集団が持つ力のメリット、デメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP