ブログ

税理士だけが持つ2つの強み

こんばんは、税理士の吉村です。

前回に引き続き、「脱ドンブリ勘定セミナー」で学んだことをシェアします。

今回は2回目。

第1回目はこちらからどうぞ!

 

他の士業や経営コンサルタントと比較し、税理士だけが持つ強みとは何でしょう?

税理士にとっては、当たり前すぎて気づいていない。

 

それは、

毎月タイムリーに経営数字を見ることができる

毎月社長に会える

この2点です。

経営数字を見ることができるのは税理士だけ

税理士の中には、記帳代行を行っている人も多くいます。

※関連記事

 

そのため、社外にいるにもかかわらず社長よりも先に経営数字を知ることができます。

他士業や経営コンサルが決算書や試算表を見せてもらおうとしても、

「なぜあなたに経営数字を見せる必要性があるのか」

と、拒否されることがあるそうです。

前回お話しした「正当性」がないと税理士以外に経営数字を見せることをためらう経営者は多いのでしょう。

 

毎月試算表を作成している税理士は、タイムリーに経営数字を知ることができる。

これが、税理士だけがもつ強みの1つです。

社長は会えない存在

税理士のお客様は経営者です。

したがって、普段お会いして打ち合わせなどを行うのも基本的には社長です。

(中には、経理担当者と打ち合わせするところもあります)

これが、社労士や人事コンサルタントであれば、人事部長。

営業コンサルタントであれば、営業部長。

財務コンサルタントであれば、経理部長。

と、忙しい社長には相手にされないことが多いようです。

 

最終的な経営判断を下すのは経営者である社長です。

その社長と直接話すことができ、企業の経営に深く関わることができる

これが、税理士だけがもつ2つ目の強みです。

まとめ

税理士という職業は、経営者の「最も身近な相談相手」とよく言われます。

しかし、私を含め税理士はその期待に応えることができているのでしょうか?

孤独な経営者の抱える悩みや不安を唯一打ち明けてもらえる立場であり、

・タイムリーに経営数字を知ることができ

・毎月社長に会うことができる

この強みを生かさない手はありません!

私が経営者に対し価値提供できるもの、そして価値提供したいものをもう一度見直し、

企業発展のため貢献できる道を探りたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 安心・安全・ポジティブな場づくり
  2. 自分サイズのアウトプットで一歩ずつ前進
  3. 経営者のお困りごとTOP3にアプローチする方法
  4. 効果的なコーチング4つの手順
  5. 人生初、経営者向けワークショップを主催して気づいた3つのこと
  6. 信頼を築く『前置きトーク』
  7. お金の流れを見える化する『お金のブロックパズル』
  8. 経験を積むことで見える景色が変わってくる。~ワークショップ2回目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP