ブログ

和仁達也さん「脱ドンブリ勘定セミナー」に参加してきました

こんばんは、税理士の吉村です。

先日、私が尊敬する経営コンサルタント和仁達也さんのセミナーに参加してきました。

サインも貰っちゃいました。

(人生初サインが和仁さんでした)

和仁さんは、「ビジョンとお金を両立させる専門家」として活動されており、

企業の経営コンサルだけでなく、書籍の執筆や全国セミナー、キャッシュフロー養成塾など様々な分野で活躍されています。

私が和仁さんを知ったのは、2014年に発売された「年間報酬3,000万円越えが10年続くコンサルタントの教科書」

という書籍を読んだのがきっかけです。

 

私がやりたいことはほとんどこの本に書いてありました。

社外の人間ではあるものの経営に深く関わり、社長の信頼を得る

社外にいる幹部社員としての役割とポジションを明確に提示することで、納得のいく報酬を得ることができる。

そして、税理士という職業はそこにもっとも近い位置にいることを知ることができました。

 

今回受講した「脱ドンブリ勘定セミナー」は約3時間のセミナーでしたが、内容が膨大でまだ消化しきれていません。

・正当性

・税理士だけがもつ2つの強み

・キャッシュフローコーチ

・安心、安全、ポジティブな場づくり

・相手のお困りごとTOP3にアプローチ

・比較対象を相手任せにしない発想

・先生型VSパートナー型

・前置きトーク

・お金のブロックパズル

タイトルを書き出しただけですが、ざっとこれだけはありました。

すべて具体的で今日からでもすぐに実践できるような内容も含まれていました。

 

私自身がセミナー内容をしっかりと理解し、クライアントにわかりやすく伝えるために、

また、このブログを見て下さる人のお役に立てるために、

これから何日かにわたって今回のセミナーで学んだことをシェアしようと思います。

ぜひ、明日からもブログを見ていただけたら幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 安心・安全・ポジティブな場づくり
  2. 経験を積むことで見える景色が変わってくる。~ワークショップ2回目…
  3. 信頼を築く『前置きトーク』
  4. 人材採用はハーズバーグの二要因理論を考えよう
  5. お金の流れを見える化する『お金のブロックパズル』
  6. 自分サイズのアウトプットで一歩ずつ前進
  7. 効果的なコーチング4つの手順
  8. 税理士だけが持つ2つの強み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP