ブログ

中古資産の耐用年数の求め方

こんばんは、税理士の吉村です。

固定資産を購入したときは、耐用年数にわたって減価償却していきます。

ただ、この耐用年数は「新品」を前提にしてあります。

税理士受験生であればまったく必要のない知識ではありますが、

実務では頻繁にお目にかかる中古資産の取得

今回は中古資産の耐用年数はどのように計算しているのか解説いたします。

中古資産の耐用年数

新品の資産より、中古資産のほうが耐用年数は短くなります

当たり前ですよね。

中古資産の耐用年数を求める方法は税法上2つあります。

1.原則

 あと何年使用可能かを見積り、その年数を耐用年数とする方法

 この方法が原則ですが、実務では使いません

 だってあと何年使えるかなんて思いっきり主観が入ります。

 また、正直あと何年使えるかなんてわからないためです。

2.例外(簡便法)

 購入した時点で、法定耐用年数をどれだけ経過しているかで耐用年数を決める方法

 実務ではこちらの方法を使います。

 この場合、考えられるのは2パターン。

 ①法定耐用年数の全部を経過している場合

 中古資産の耐用年数=新品の耐用年数×20%

 ②法定耐用年数の一部を経過している場合

 中古資産の耐用年数=(新品の耐用年数ー経過年数)+経過年数×20%

 ★計算上の注意点

 中古資産の経過期間は1年未満の端数が生じる場合には月数に直して計算しなければなりません。

 また、計算した結果、中古資産の耐用年数に1年未満の端数が生じた場合には、1年未満を切り捨てします。

 さらに、中古資産の耐用年数が2年より小さいときは、2年とすることが定められています。

具体例で計算してみよう

実務でよく出てくるのは中古車の購入。

「新品」普通車の耐用年数は6年です。

〈具体例①〉7年落ちの中古車を購入

耐用年数の全部を経過しているため

6年×20%=1.2年→切り捨て1年→2年より小さいため2年

〈具体例②〉2年5カ月落ちの中古車を購入

耐用年数の一部を経過しているため

(72ヶ月ー29ヶ月)+29ヶ月×20%=48.8ヶ月→切り捨て4年

中古資産を買うメリット

通常、固定資産を購入しても、すぐには経費にすることはできません。

減価償却を行い耐用年数に応じて徐々に経費になるものです。

しかし、中古資産は新品よりも耐用年数が圧倒的に短くなります。

自動車に限ってお話しすると、4年落ちの中古車を購入した場合、

計算上なんと1年で経費に算入することができます。

節税を考える上で中古資産の購入は有効な手段と言えます。

まとめ

中古資産の耐用年数についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

経理担当者はもちろん、経営者が知っておいて損しない情報ではないでしょうか。

この記事がお役に立てば幸いです。

※関連記事

The following two tabs change content below.
吉村 匡史

吉村 匡史

名前:吉村匡史 職業:税理士 広島市安佐南区の若手税理士。30歳の誕生日に独立開業。単純な税金計算にとどまらず、お客様とのコミュニケーションを一番に考える。経営者と一緒に課題解決のため知恵を絞ります。気軽に相談できる税理士日本一を目指し、日々奮闘中。

関連記事

  1. 間違えると大変!消費税課税事業者届出書と選択届出書の違い
  2. 税理士の仕事ってなんだ?
  3. 社長の退職金準備は生命保険の活用がベター
  4. 個人事業主は振替納税を利用しよう!
  5. 新設法人は消費税を払わなくてもいいって本当?
  6. freee認定アドバイザーに登録|時代の変化に対応していくため
  7. 役員にボーナスを払いたければ「事前確定届出」の提出が必要です
  8. クラウド会計ソフトfreeeを税理士が使ってみた第一印象

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を書いた人

 

吉村 匡史(よしむら ただし)

 

1987年10月生まれ 広島県出身

 

30代若手税理士

 

6年間税理士事務所で勤務後、独立開業

 

日本一気軽に話せる税理士を目指し、日々奮闘中

 

詳しいプロフィールはこちらから

ポチッと応援よろしくです!

最近の記事

PAGE TOP